奈良っこ
ならきち
makican
奈良っこ イベント
博 物 館 - 奈良っこイベント
日 時 開催中 〜12月17日(日)
10:00〜17:00(入館は16:30まで)
イベント 市政施行45周年記念事業 秋季特別展
「城陽のお茶」
会 場 城陽市歴史民俗資料館 特別展示室(文化パルク城陽 西館4階)
内 容
 今回の特別展では、城陽市の茶業に関する古文書をはじめ、茶摘みから製品になるまでを描いた絵図、お茶の輸出に使われていた茶箱やラベルなどから城陽市のお茶の歴史の一端をご紹介いたします。

【関連事業】
10月28日(土)、11月3(金)、19日(日)、12月10日(日)各14:00〜15:00
「ギャラリートーク」
城陽市歴史民俗資料館 特別展示室
参加費無料、入館料は必要(11月3日、19日は関西文化の日のため無料)
申込不要

11月17日(金)13:30〜15:00(開場13時)
「茶の感性」
ふれあいホール(文化パルク城陽 西館2階)
講師:裏千家今日庵文庫長 茶道資料館副館長 筒井紘一氏
入場無料・申込不要

休館日11月6・7・13・20・24・27日
12月4・11日
料 金大人200円、小中学生100円(城陽市内在住の小中学生は無料)
TEL0774-55-7611
住 所城陽市寺田今堀1番地
makican
日 時 1月12日(金) 〜1月14日(日)
1月12日(金) (1)10:00〜(2)14:00〜(3)19:00〜
  13日(土) (1)14:00〜(2)18:00〜
  14日(日) (1)11:00〜(2)15:00〜
イベント ならシネマテーク
映画「百日紅 〜Miss HOKUSAI〜」
会 場 奈良国立博物館 講堂
内 容
お栄23歳。職業、浮世絵師。父、葛飾北斎。
江戸に恋する、浮世を描く!
 今日も江戸は、両国橋や吉原、火事、妖怪騒ぎなど喜怒哀楽に満ちあふれている。
家に集う渓斎英泉や歌川国直と騒いだり、犬と寝転んだり、離れて暮らす妹・お猶と出かけたりしながら、お栄は父であり師匠でもある葛飾北斎とともに絵を描いて暮らしている。
絵に色気がないと言われて落ち込むが、絵を描くことはあきらめない。
そして、百日紅(さるすべり)が咲く季節が再びやってくる。
嵐の予感とともに・・・。

江戸の四季を通して自由闊達に生きる人々を描く、浮世エンターテイメント!
時を超えて現代へ紡がれる人生賛歌の傑作。

悩んでも  落ち込んでも  筆は止めない。
料 金一般 1000円
奈良市民、60歳以上、学生、ハンディキャップ 500円
※各上映1時間前より当日券販売(先着順)、各回入替制
問合せなら国際映画祭事務局
0742-95-5780(平日10:00〜17:00)
住 所奈良市登大路町50番地
交 通近鉄奈良駅より徒歩約15分
主 催NPO法人なら国際映画祭実行委員会
後 援奈良県・奈良市・奈良市教育委員会・奈良女子大学
奈良女子大学/ならシネマテーク 「みかんの丘」
▲(C)2014-2015 杉浦日向子・MS・HS/「百日紅」制作委員会
makican
  • 1
 
makican
▲ページ最上部へ