奈良っこ
ならきち
makican
奈良っこ イベント
博 物 館 - 奈良っこイベント
日 時 開催中 〜8月28日(月)
9:30から17:00まで
※入館は閉館の30分前まで
※金曜日は20:00まで
イベント ◆特別展
「大相撲と日本刀」
会 場 大阪歴史博物館
内 容  本展は、歴代の名横綱が所持した太刀など、大相撲にゆかりのある日本刀にスポットを当てながら、刀匠の技術や刀剣美に加えて、これまで紹介される機会の少なかった、相撲における刀剣の意味や、横綱の歴史に着目し、相撲文化の新たな一面を知っていただくことを目的とする展覧会です。

あわせて、横綱の化粧廻しや相撲絵など相撲関係資料を紹介するとともに、大阪歴史博物館が収集してきた大阪相撲に関する資料も展示し、公益財団法人日本相撲協会の源流の一つである大阪ゆかりの相撲集団の歴史についても触れる機会といたします。
休館日火曜日(8/15は開館)
料 金【特別展のみ】
大人800円、高大500円、中以下無料
ペア1500円(大人のみ。1名様で2回使用でも可)

【常設展との共通券】
大人1500円、高大1030円
TEL06-6946-5728
住 所大阪市中央区大手前4丁目1-32
交 通地下鉄「谷町四丁目」9号出口前
主 催大阪歴史博物館、産経新聞社、サンケイスポーツ、〈一社〉全日本刀匠会事業部
後 援協力:全日本刀匠会、日本相撲協会、相撲博物館
URL大阪歴史博物館
makican
日 時 開催中 〜9月3日(日)
9:30〜18:00
※金・土曜日と8月6(日)〜15日(火)は19時まで
※入館は閉館の30分前まで
イベント 1000忌特別展
源信
―地獄・極楽への扉―
会 場 奈良国立博物館
内 容
これぞ極楽往生、これぞ地獄
恵心僧都源信(942〜1017)は奈良で生まれ、比叡山で修行を積んだ平安時代の僧侶です。
源信は死後、阿弥陀如来の来迎を受けて、極楽浄土へ生まれることを願う、浄土信仰を広めた僧として知られます。
誰にでも理解しやすい地獄と極楽の世界を描き出した『往生要集』などによって源信が示した具体的な死後の世界のイメージは、後世へも多大な影響を及ぼしました。
 本展は平成28年に迎えた源信の1000年忌を記念し、源信の足跡をたどるとともに、後世に与えた影響の大きさを、関連の仏教美術によって示す特別展です。
地獄絵を含む六道絵や阿弥陀来迎図の名品によって、死後の世界へのイマジネーションを体感していただくとともに、真摯に死と向き合った名僧の姿に思いを馳せていただければ幸いです。
休館日月曜日
※ただし8月14日(月)は開館
料 金一般1500円、高大生900円、小中生500円
TEL050-5542-8600(ハローダイヤル)
住 所奈良市登大路町50
主 催奈良国立博物館、朝日新聞社、NHK奈良放送局
後 援後援:天台宗、文化庁、奈良テレビ放送
協賛:あいおいニッセイ同和損保、きんでん、竹中工務店、ライブアートブックス
協力:凸版印刷、日本香道、仏教美術協会
URL奈良国立博物館
奈良国立博物館/源信 地獄・極楽への扉
makican
  • 1
 
makican
▲ページ最上部へ