奈良っこ
ならきち
makican
奈良っこ イベント
資 料 館 - 奈良っこイベント
日 時 開催中 〜11月26日(日)
9:00〜16:30(入館は閉館の30分前まで)
イベント 秋期特別展
地下の正倉院展 ―国宝 平城宮跡出土木簡―
―国宝 平城宮跡出土木簡―
会 場 平城宮跡資料館
内 容  平成29年3月に国の審議会から、重要文化財指定を受けていた2875点に加え、新たに309点の木簡を加えた計3184点の木簡を「平城宮跡出土木簡」として国宝に指定するよう答申されました。
 木簡としては初めての国宝指定となります。
 このことを記念し、今年度はこのたび国宝指定の答申を受けた木簡の実物を出展する特別展を開催します。平城宮跡の発掘調査最大の成果の1つでもある「平城宮跡出土木管」を、多くの方にご覧いただければと思います。
時 間9:00〜16:30(入館は閉館の30分前まで)
休館日月曜
料 金無料
問合せTEL/0742-30-6753
(奈良文化財研究所)
住 所奈良県奈良市佐紀町
交 通近鉄大和西大寺駅下車、徒歩約15分
主 催奈良文化財研究所
URL平城宮跡資料館
makican
日 時 9月2日(土) 〜12月13日(水)
10:00〜17:00(入館は16:30まで)
イベント 特別展
「神が遺した秘宝」
〜春日大社は平安の正倉院〜
会 場 春日大社国宝殿
内 容
神様が遺してくださった平安の正倉院

春日大社が所有する、341点にも及ぶ国宝の古神宝類の多くは、昭和5年まで本社及び若宮神社の社殿に伝わったもので、刀剣や鉾などの武器武具のほか、山水の模様の蒔絵筝や、海浜の千鳥を銀板に黒漆象嵌で表す平胡籙など、デザイン的にも工芸技術的にも最高級の名宝が多く、平安の正倉院と称されています。
 古代に大陸から伝わり、平安時代に宮廷や社寺の儀式の音楽や舞踊として整えられた舞楽。春日大社では祭礼の中でその伝統が守られてきました。
その優美で華やかな装束と舞楽面もまとまって伝えらえています。

本展覧会では神様に捧げられ、御神徳によって遺された秘宝を一堂に展示します。
休館日会期中無休
料 金一般500円、高大生300円、小中生200円
TEL0742-22-7788
住 所奈良市春日野町160
URL春日大社
makican
  • 1
 
makican
▲ページ最上部へ