奈良っこ
ならきち
makican
奈良っこ イベント
観劇・観戦・鑑賞 - 奈良っこイベント
日 時 開催中 〜11月30日(木)
イベント やまとし うるはし、おもしろし
第32回 国民文化祭・なら2017/第17回 全国障害者芸術・文化祭なら大会
会 場 奈良県内39市町村の各会場
内 容
国民文化祭は、全国各地で様々な文化活動に親しんでいる人たちが集まり、発表や交流する「国内最大級の文化の祭典」であり、全国障害者芸術・文化祭は、すべての障害のある人の芸術及び文化活動への参加を通じて、障害のある人の生活を豊かにするとともに、国民の障害への理解と認識を深め、障害者の社会参加を促進することを目的に開催しています。
この両祭典を奈良県でははじめて一体開催し、県内39全ての市町村で音楽、美術、伝統文化、歴史文化など、地域の特色を活かした事業を展開します。
◆県内全39市町村にて行うイベント、全103事業の中から、ピックアップしてご紹介!◆

  ★「国文祭・障文祭なら2017」スタンプラリー開催中!
総計300名様以上、県内地域の特産品や宿泊券などが当たる!
 期間中にイベント会場に設置しているスタンプを2種類集めて応募いただき、応募者の中から抽選で景品をプレゼント。
【実施期間】9月1日(金)〜11月30日(木)
 ※スタンプ設置先や応募用紙のダウンロードはコチラ


★明日香の祭りをみんなで創ろう〜古都飛鳥文化祭2017〜
 歴史が息づく村、明日香村から全国に向けて、古代の魅力・文化を発信します!
 秋の実りに感謝する奉納祭・古墳祭、和太鼓「倭」のライブ、八雲琴、南無天踊り、伝承芸能や万葉歌の披露、食や農の体験などが楽しめます。
また、山車の村内練り歩き(飛び入り参加歓迎)や、小中学生と養護学校生の合作提灯も祭りを彩ります。
 【日時】10月14日(土)・15日(日)13:00〜20:00
 【場所】国営飛鳥歴史公園・石舞台地区(高市郡明日香村島圧)
 【問合】明日香村実行委員会(〈一財〉明日香村地域振興公社内):0744-54-4577


★五條市文化フェスティバル2017
 河瀬直美氏(映画監督)と尾野真千子氏(女優)を招いたトークショーや、映画上映会などを開催!
 11月3日(金・祝)14:00〜は、映画監督で五條市観光大使の河荑直美さんと、五條市名誉市民の尾野真千子さんを招待し、トークショーを開催します!
奈良県を舞台にした2007年の映画「殯(もがり)の森」の上映会や舞台発表、作品展示やワークショップなども行います。(無料)
 【日時】11月3日(金)9:30〜16:00(最終日は15:30)
 【場所】五條市市民体育館(五條市本町3-1-13)ほか
 【問合】五條市実行委員会(五條市生涯学習課内):0747-22-4001


★「かわい」ようかいあーとふぇす
妖怪コスプレイベント、妖怪トークショー、妖怪ワークショップなど…妖怪づくしの2日間!
 砂かけ妖怪ゆかりの地から、妖怪の魅力を全国に発信します。
 全国から募集する妖怪アート作品の展示や、妖怪ワークショップ、妖怪トークショー、妖怪コスプレイベントなど、妖怪でいっぱいの2日間です。(無料)
 【日時】11月11日(土)・12日(日)10:00〜16:00
 【場所】河合町立文化会館(北葛城郡河合町高塚台1-8-3)
 【問合】河合町実行委員会(河合町障害学習課内):0745-57-2271

ほか多数、詳しくは公式HPへ
料 金イベントにより異なる
問合せ第32回 国民文化祭奈良実行委員会事務局/第17回 全国障害者芸術・文化祭実行委員会事務局
電話番号:070-2287-3419(9:00〜17:00)
主 催文化庁、厚生労働省、奈良県、第32回国民文化祭奈良県実行委員会、第17回全国障害者芸術・文化祭実行委員会、市町村、市町村国民文化祭実行委員会、文化芸術団体
URL国文祭・障文祭なら2017公式HP
makican
日 時 10月13日(金)、10月14日(土)
(1)10:20〜(2)13:20〜(3)16:20〜(4)19:00〜
※14日(土)は(4)19:00〜の上映はありません
イベント 映画
「マーラー 〜君に捧げるアダージョ〜」
会 場 秋篠音楽堂
内 容 天才作曲家マーラーと世紀末ウィーンの女神アルマの、音楽に秘められた激しくも切ない愛の史実。
料 金一般1,000円、近鉄友の会会員・秋篠うたくらぶ会員800円(全自由席)
TEL0742-35-7070
住 所奈良市西大寺東町2-4-1 ならファミリー6階
交 通近鉄大和西大寺駅・北口より徒歩約5分
URL秋篠音楽堂
makican
日 時 10月14日(土) 〜12月17日(日)
10:00〜17:00(入館は16:30まで)
イベント 市政施行45周年記念事業 秋季特別展
「城陽のお茶」
会 場 城陽市歴史民俗資料館 特別展示室(文化パルク城陽 西館4階)
内 容
 今回の特別展では、城陽市の茶業に関する古文書をはじめ、茶摘みから製品になるまでを描いた絵図、お茶の輸出に使われていた茶箱やラベルなどから城陽市のお茶の歴史の一端をご紹介いたします。

【関連事業】
10月28日(土)、11月3(金)、19日(日)、12月10日(日)各14:00〜15:00
「ギャラリートーク」
城陽市歴史民俗資料館 特別展示室
参加費無料、入館料は必要(11月3日、19日は関西文化の日のため無料)
申込不要

11月17日(金)13:30〜15:00(開場13時)
「茶の感性」
ふれあいホール(文化パルク城陽 西館2階)
講師:裏千家今日庵文庫長 茶道資料館副館長 筒井紘一氏
入場無料・申込不要

休館日10月16・23・30日
11月6・7・13・20・24・27日
12月4・11日
料 金大人200円、小中学生100円(城陽市内在住の小中学生は無料)
TEL0774-55-7611
住 所城陽市寺田今堀1番地
makican
日 時 10月19日(木) 〜11月12日(日)
9:30〜15:30
イベント 天理図書館開館87周年記念展
「漱石−生誕百五十年を記念して−」
会 場 天理大学附属天理図書館2階展示室
内 容
『三四郎』は、天理にいた。
慶応3年(1867)、江戸に生まれた夏目漱石は、今年で生誕150年を迎えます。
開館87周年記念展の今展は、彼の生誕を祝い、 本館が所蔵する漱石資料の展示を企画しました。
主な展示品は、代表作『三四郎』自筆原稿をはじめ、 正岡子規に宛てた手紙に、京都の芸妓に贈った書画作品などを加えました。
活字では得られない手書き文字の風あいを、ぜひ味わって下さい。
休館日会期中無休
料 金無料
TEL 0743-63-9200
住 所天理市杣之内町1050
交 通JR/近鉄天理駅徒歩25分
主 催天理大学附属天理図書館
URL天理大学附属天理図書館
天理図書館開館87周年記念展「漱石−生誕百五十年を記念して−」
天理図書館開館87周年記念展「漱石−生誕百五十年を記念して−」
makican
日 時 10月21日(土) 〜11月11日()
【青磁展】12:00〜17:30
【体験会】10月28日 14:00〜、16:30〜
イベント <おがたま1周年記念>
青磁展『静水流深』
会 場 おがたま
内 容
「おがたま」1周年を記念し、青磁展『静水流深』を開催致します。
台湾の窯元が作る青磁をはじめとする美しい作品をご覧下さい。
2017年10月21日〜11月11日の期間に、「おがたま」ギャラリー”常-nara-”にて、青磁展『静水流深』を開催致します。
台湾の窯元とのコラボレーションで、青磁の最高峰をいわれる【汝窯】の再現をぜひご覧ください。
また、初日(10/21)には開会記念式典を行います。
伝統的な台湾式茶藝と記念演奏会で皆様をお迎えいたします。(どなた様でもご自由にお越し頂けます)

28日(土)には、完全予約制の台湾式茶藝の体験会もございます。
14時〜、16時半〜の2回・各8名様までの予約制とさせて頂いています。
ゆっくりと、古式ゆかしき茶藝をお楽しみ頂きたい方はどうぞお気軽にお問合せくださいませ。(無料)
休館日
定 員【体験会】各8名(予約制)
料 金無料
問合せおがたま
電話番号:0742-93-5033
住 所奈良市鍋屋町3
交 通近鉄奈良駅より徒歩5分
URLおがたま
makican
日 時 10月22日(日)
開場15:30 開演16:00
イベント 報恩寺落語会
お寺+落語+極楽!? 桂米紫のおてらくごくらく voi.1
会 場 報恩寺
内 容
お寺と極楽を繋ぐ落語会「桂米紫のおてらくごくらく」。皆さんを気持ちのいい涅槃の世界へお連れいたします。
出演の落語家さんは

桂米紫さん(二席)
桂鯛蔵さん
桂白鹿さん
三味線・原口陽子さん

です。

報恩寺がある大宇陀の城下町松山地区では2年に一度「はならぁと」という町家を使った芸術祭を行っています。
10月21日から29日までです。
今年は喜楽座という昔の芝居小屋を会場として使うので、この落語会の際に是非足を運んで懐かしい風景を目にしていただければと思います。

桂米紫さん(https://ameblo.jp/beishi-k/)
プロフィール ●平成6年3月16日、ざこば一門筆頭弟子の桂都丸(現・四代目 桂塩鯛)に入門。前座名「とんぼ」。
●同年6月、京都『染屋町寄席』にて初舞台。
●平成9年、内弟子修業卒業を機に、名前の表記を「都んぼ」に改める。
●平成11年10月、NHK新人演芸大賞・落語部門で大賞を受賞。
●平成17年1月、なにわ芸術祭新人奨励賞受賞。
●平成21年12月、文化庁芸術祭新人賞受賞。
●平成22年8月6日、「四代目 桂米紫」を襲名。
●平成28年12月、繁昌亭大賞奨励賞受賞。
料 金中学生以上1,500円、小学生500円
※未就学児入場不可
問合せ報恩寺
電話番号:0745-83-1341
MAIL:info@houonji.net
住 所宇陀市大宇陀大東45
主 催報恩寺
URLイベント詳細URL
makican
日 時 10月27日(金)
各19:00〜
イベント 奈良・町家の芸術祭 はならぁと
曽爾シネマ第4回上映会
会 場 はならぁとあらうんど 曽爾会場内 「月桂樹の家」
内 容
増え続ける空き家が社会問題になっている昨今、地域に眠っている空き家と芸術祭を掛け合わせ、新たな命を吹き込み素晴らしい場作りをされている、はならぁと。
曽爾村も例外ではなく、諸事情により活用できない空き家がかなりあると言われています。今回は村内にある空き家をお借りし、開催します。
この、はならぁと×曽爾シネマが、空き家活用・空き家減少のきっかけのひとつになればとの願いを込めて。

なお、会場の空き家を掃除するところから準備がはじまります。
人手が必要になりますので、お手伝いいただける方を大募集します。facebookにてコメントもしくはメッセージください。
作品については、昨年上映させていただいた『ひかりのおと』の山崎樹一郎監督の『紅葉』。
トマト農家の監督が撮った、トマト農家を描いた映画を、トマト農家見習いが流します。
今、この映画を見られるのは曽爾シネマだけ?

もうひとつは、個人的今年度ナンバーワン作品『人生フルーツ』。
なかなか十三まで見に行けないから見逃してた〜〜という方、大チャンスだと思います。

おたのしみに 。
2017年10月27日(金)19:00〜
『紅葉』
(山崎樹一郎監督作 / 50分 / 2008年)

2017年10月28日(土)19:00〜
『人生フルーツ』
(伏原健之監督作 / 91分 / 2016年)
申 込facebookにて受付
https://www.facebook.com/hanarart.around/?fref=mentions
住 所宇陀郡曽爾村今井414 / 辻石油向かい
URLfacebook
はならぁと/奈良・町家の芸術祭 はならぁと 曽爾シネマ第4回上映会
makican
日 時 10月28日(土)
(1)10時45分開場 11時開演
(2)13時45分開場 14時開演
イベント 第38回 なら100年会館
こども人形劇場
会 場 なら100年会館 小ホール
内 容
◆「おおかみと七ひきのこやぎ」

 森の中にお母さんやぎと七ひきの子やぎが住んでいました。
お母さんやぎは「狼はおまえたちを食べる悪いやつで、声はガラガラだし、手も足も真っ黒だから気をつけるんだよ」と言っておつかいにでかけました。

 しばらくして、とびらをドンドンたたくものがあります。
「お母さんだよ、あけておくれ」とガラガラ声で言っています。
狼だ、狼だ、さあ大変!
グリム昔話のなかのスリルに富んだ作品です。

◆瓜子姫とあまんじゃく

 昔むかし、あるところに爺さんと婆さんがいました。
川上から箱が2つ流れてきました。「からっぽの箱はあっちへ行け、中身のある箱はこっちへこい」

 箱の中にはでっかい瓜がひとつ。その瓜を切ってみると、なんと可愛い赤ん坊がとびだしました。
やがて赤ん坊は、美しい瓜子姫になりました。誰もが知っている瓜子姫とあまんじゃくの、ほのぼのとしたものがたりです。
料 金全席自由
一般 800円
3歳以上 500円
※当日各200円UP
※2歳以下無料
※お1人様4枚まで
TEL0742-34-0111
住 所奈良市三条宮前町7−1
URLwww.nara100.com
なら100年会館/こども人形劇場
makican
 
makican
▲ページ最上部へ