奈良っこ
ならきち
makican
奈良っこ イベント
アート - 奈良っこイベント
日 時 12月13日(水) 〜12月19日(火)
10:00〜17:00※土日は13時〜
イベント 第8回
「世界の化石展ー化石は太古の記憶、神の彫刻であるー」
会 場 西の京病院 4階メビウスホール
内 容  西の京病院は昨年10月、お蔭をもちまして30周年記念式典を行うことができました。
そのため、「世界の化石展」はお休みさせていただきましたが、今年はさらにグレードアップして第8回「世界の化石展」を開催します。
 化石というと古いものでは、三葉虫やアンモナイトを、また新しいものでは魚や貝、木葉などを思い浮かべる人が多いと思います。
 我々日本人はエビ、カニ、イカなど、世界で最も多く食べていますが、それらのルーツ(起源)や化石についてはほとんど知りません。
 今回は、それらに加えて、ほとんどの人がその”完全な化石”を目にしたことがない稀少なタコやクラゲの化石も展示します。
 恒例の虹色アンモナイトも展示していますので、ぜひご覧ください。

◆ギャラリートーク(特別説明会)
 12月13日(水)、19日(火)各10:30〜
 講師:高比康臣(医療法人 康仁会 西の京病院理事長)
料 金無料
問合せ西の京病院 1階地域医療連携センター
電話番号:0742-35-2219
住 所奈良市六条町102−1
主 催医療法人 康仁会 西の京病院
URL西の京病院
西の京病院/第8回「世界の化石展ー化石は太古の記憶、神の彫刻であるー」
makican
日 時 開催中 〜12月17日(日)
10:00〜17:00(入館は16:30まで)
イベント 市政施行45周年記念事業 秋季特別展
「城陽のお茶」
会 場 城陽市歴史民俗資料館 特別展示室(文化パルク城陽 西館4階)
内 容
 今回の特別展では、城陽市の茶業に関する古文書をはじめ、茶摘みから製品になるまでを描いた絵図、お茶の輸出に使われていた茶箱やラベルなどから城陽市のお茶の歴史の一端をご紹介いたします。

【関連事業】
10月28日(土)、11月3(金)、19日(日)、12月10日(日)各14:00〜15:00
「ギャラリートーク」
城陽市歴史民俗資料館 特別展示室
参加費無料、入館料は必要(11月3日、19日は関西文化の日のため無料)
申込不要

11月17日(金)13:30〜15:00(開場13時)
「茶の感性」
ふれあいホール(文化パルク城陽 西館2階)
講師:裏千家今日庵文庫長 茶道資料館副館長 筒井紘一氏
入場無料・申込不要

休館日11月6・7・13・20・24・27日
12月4・11日
料 金大人200円、小中学生100円(城陽市内在住の小中学生は無料)
TEL0774-55-7611
住 所城陽市寺田今堀1番地
makican
日 時 2月2日(金) 〜2月4日(日)
9:30〜16:00(最終日は17時)
イベント 第47回古都奈良アカデミー 作品展
会 場 奈良県文化会館
TEL0742-23-8921
住 所奈良市登大路町6−2
交 通近鉄奈良駅から徒歩約5分
JR奈良駅から市内循環バス(外まわり)「県庁前」下車、徒歩約2分
主 催公益財団法人奈良婦人会館
電話番号:0742-22-4940
奈良県文化会館/第47回古都奈良アカデミー 作品展
makican
  • 1
 
makican
▲ページ最上部へ