奈良っこ
ならきち
makican
奈良っこ イベント
2018年1月 - 奈良っこイベント
日 時 開催中 〜2月10日(土)
11:00〜17:00
イベント 六条まちくさ物語展
会 場 たんぽぽの家 六条山カフェ
内 容
2017年12月16日(土)に開催した「六条まちくさ物語vol.1」の作品展です。
六条地区の住民の方、西の京高校生、たんぽぽの家のメンバーなど12名の参加者の作品と当日の様子を写真でご紹介いたします。
六条で見つけられて名付けられた「まちくさ」の物語をこの機会にぜひご覧ください。

【まちくさとは?】
「まち」に生える「くさ」とその周辺環境(路肩のアスファルトや溝など)を一つの風景として見立て、そこへ独自の「名付け」や「物語」を想像することで新たな世界観を創造し、見慣れた風景を塗り替えていく体験です。

【まちくさを通して皆さんに提案したいこと】
「想像力によって自分らしさを肯定する」ということ。
想像力を巡らせると、自分の世界観が現れます。
自分の世界観を肯定すれば、自分らしさの基準ができることで心に余裕が生まれ、自分とは違った価値観も認めることができるのではないでしょうか。
「自分の尺度」でこの世界を捉えることで、何気ない日常風景や当たり前だと思っていた世界が別の意味を持って語りかけてきます。
人は、想像力によってこの現実世界をかたちづくり、繋がっていくのだと思います。
そして、想像力があれば、どんな環境や状況でも豊かに生きていくことができると信じています。
見慣れた地域を新たな視点で眺めることで地域の魅力を再発見する機会にもなればと願います。
まちくさ博士 重本晋平
休館日月曜・火曜・日曜・祝日
料 金無料
申 込不要
問合せ六条山カフェ(電話かファックス、メールでお申し込み下さい)
Tel: 0742-52-2012  Fax: 0742-52-2013
※六条山カフェは、たんぽぽの家が運営しているコミュニティカフェです。
住 所〒630-8044
奈良市六条西3-25-15 西の京高校正門前
主 催たんぽぽの家 六条山カフェ
たんぽぽの家 六条山カフェ/六条まちくさ物語展
たんぽぽの家 六条山カフェ/六条まちくさ物語展
makican
日 時 開催中 〜3月5日(月)
9時30分〜16時30分(入館は16時まで)
イベント 新春展
「はれの日の装い―装身具の歴史―」
会 場 天理大学附属天理参考館
内 容 2018年新春展「はれの日の装い ―装身具の歴史―」を開催します。
縄文時代の髪飾りや耳飾りをはじめ奈良時代以降の鏡まで約200点の資料を展示致します。
展示品の約半数は初公開のものです。
お正月らしく明るく晴れやかな展覧会になりそうです。
皆さまのご来館、お待ちしております。
休館日火曜日(2/27は開館)
料 金大人400円、小中200円
TEL0743-63-8414
住 所天理市守目堂町250
交 通JR/近鉄天理駅から徒歩約30分
URL天理大学附属天理参考館
makican
日 時 開催中 〜3月13日(火)
10:00〜17:00(入館は16:30まで)
イベント 開館40周年記念企画展 アイヌ工芸品展
「現れよ。森羅の生命― 木彫家 藤戸竹喜の世界」
会 場 国立民族学博物館
内 容 藤戸竹喜は、旭川を拠点に「熊彫り」を生業としていた父のもとで、12歳から木彫を始めました。
依頼、父粗の彫りの技を受け継ぎながら、熊をはじめ狼やラッコといった北の動物たちと、アイヌ文化を伝承してきた先人たちの姿を木に刻み、繊細さと大胆さが交差する独自の世界を築いてきました。

本企画展では、動物たちの俊敏な動きをとらえた初期作から、民族の歴史と威厳をモニュメンタルに伝える等身大人物像まで、約90点の作品を一堂に展示し、70年にわたる創作活動の軌跡とその拝啓をたどります。
休館日
料 金一般420円、高大生250円、中学生以下無料
※毎週土曜日は高校生無料
※3/11(日)は無料
TEL06-6876-2151
住 所大阪府吹田市千里万博公園10番1号
交 通万博記念公園益、公園東口駅下車、徒歩約15分
URL国立民族学博物館
国立民族学博物館/開館40周年記念企画展 アイヌ工芸品展「現れよ。森羅の生命― 木彫家 藤戸竹喜の世界」
makican
日 時 開催中 〜3月31日(土)
9:30〜17:00(入館は16時まで)
イベント 冬季企画展
「かけがえのない文化財を守る、伝える―大阪における歩みと展望―」
会 場 大阪府立弥生文化博物館
内 容 ”大阪”の地では、今日に至るまでの長い歴史のなかで、地域に根付いた文化が育まれ、人々が寄り添う自然や景観が受け継がれてきました。

大阪府教育長文化財保護課はこれまで半世紀にわたって、かけがえのない文化財を守り、伝えてきました。
本展では、これまでの歩みをご紹介するとともに、これからの半世紀に向けた新しい文化財保護のあり方、その展望を皆さんと共に考えたいと思います。
休館日月(祝日の場合はその翌日)
料 金一般430円、高大生330円、中学生以下無料
TEL0725-46-2162
住 所大阪府和泉市上町4-8-27
交 通JR阪和線 新太山駅下車、西へ約600m
何回本線「松ノ浜」駅下車、東へ約1,500m
URL大阪府立弥生文化博物館
大阪府立弥生文化博物館/「かけがえのない文化財を守る、伝える―大阪における歩みと展望―」
makican
  • 1
 
makican
▲ページ最上部へ