奈良っこ
ならきち
makican
奈良っこ イベント
2018年3月 - 奈良っこイベント
日 時 開催中 〜4月25日(水)
平日9:00〜16:30
土曜9:00〜12:00
イベント 巡回ミニ展示
古代と中世の食器
―土器の食器は使い捨て?―
会 場 奈良大学博物館
内 容 平成26・27年度に奈良新聞に39回連載した「奈良を掘る」。
その記事に紹介した出土遺物の展示を通じ、その物からわかること、物が生み出された歴史的拝啓を紹介します。

第4回目は、「奈良を掘る」第30話「瓦器と土師器―使い捨ての伝統―」を取り上げ、奈良市内の発掘調査で出土した奈良時代から南北朝時代までの土器の食器を展示紹介します。

土器の食器セットは日常食器だけではなく、清浄性を重んじ、新品を用いる儀式用、仮器と考えられ、7〜8世紀、飛鳥・奈良時代に確立した土器の食器セットが奈良では社寺に受け継がれていったことを紹介します。
休館日日曜・祝日
料 金無料
TEL0742-44-1251
住 所奈良市山陵町1500
主 催奈良市教育委員会、奈良大学博物館
後 援協力:奈良新聞社
奈良大学博物館/古代と中世の食器―土器の食器は使い捨て?―
makican
日 時 開催中 〜5月6日(日)
イベント 橿原市観光親善大使「さらら姫」募集
内 容
橿原市の素晴らしさを伝えてください。
橿原市の魅力を広く伝えるため、観光事業及びキャンペーン、各種伝統行事に参加でき、市民外交のシンボルとして活躍していただける「橿原市観光親善大使 さらら姫」を募集します。

◆募集人員◆
3名

◆募集資格◆
・奈良県内に在住・在勤・在学の未婚の女性
・18歳以上(ただし、高校生は除く)
・協会が指示する観光事業及びキャンペーン、姉妹都市「宮崎市」交流事業や各種伝統行事等の行事に、家族や勤務先の理解を得て参加できる方
 (年間で1人約30回程度派遣。うち、連泊の派遣も数回あり)
・他のキャンペーンレディ等に在任中でない方

◆任期◆
平成30年7月1日(日)〜平成31年6月30日(日)

◆募集期間◆
平成30年5月6日(日)まで ※郵送の場合は当日消印有効

◆審査方法・日程◆
・第1次審査…5月10日(木) 書類審査
・第2次審査及び最終審査…5月20日(日) 筆記試験及び面接審査
※時間・場所等は本人に直接通知します。
◆応募方法◆
協会HPフォーム、応募用紙または市販の履歴書に必要事項を明記の上、ご応募ください。
※3か月以内に撮影した顔写真(正面)、全身写真をいずれもカラーで各1枚添付ください。
※応募された書類・履歴書・写真は返却いたしません。
※個人情報をこの目的以外に使用するこはありません。
定 員3名
申 込氏名・年齢・生年月日、住所、電話番号、勤務先または学校名(学年)、身長、趣味、特技ならびに自己PRを明記の上、
橿原市観光協会HPのエントリーフォームまたは市販の履歴書、所定の応募用紙のいずれかにて応募ください。

◆送付・問い合わせ先 橿原市観光協会 観光親善大使係
0744-20-1123
〒634-0804 橿原市内膳町1丁目6番8号

◆HP
http://www.kashihara-kanko.or.jp
主 催≪一社≫橿原市観光協会
後 援橿原市、橿原商工会議所、近畿日本鉄道株式会社、≪公社≫橿原経済倶楽部
橿原市観光親善大使「さらら姫」募集
makican
日 時 開催中 〜5月29日(火)
10:00〜17:00(入館は16:30まで)
イベント 特別展
「国立民族学博物館 開館40周年記念 太陽の塔からみんぱくへー 70年万博収集資料」
会 場 国立民族学博物館
内 容 70年万博「テーマ館」への展示目的で集められた民族資料。
そこには思いもかけないドラマがあった!
休館日水(3/21は開館、翌22日は休館)
料 金一般420円、高大250円、中学生以下無料
TEL06-6876-2151
住 所大阪府吹田市千里万博公園10番1号
主 催国立民族学博物館
国立民族学博物館/特別展 「国立民族学博物館 開館40周年記念 太陽の塔からみんぱくへー 70年万博収集資料」
makican
  • 1
 
makican
▲ページ最上部へ