奈良っこ
ならきち
makican
奈良っこ イベント
2018年6月 - 奈良っこイベント
日 時 4月1日〜6月30日の毎週土・日曜
集合9:00 出発9:30〜 解散12:00頃
イベント 古の雅と季節あふれる
奈良公園を歩く
集 合 奈良市総合観光案内所(旧JR奈良駅舎):9時
内 容
春から夏へ、自然の移ろいを楽しみながら『奈良公園内を巡る』とっておきのコースを、ボランティアガイドがご案内します。
豊かな緑を楽しみながら、歴史の話に耳を傾けてみませんか。
奈良市総合観光案内所〜南円堂〜興福寺五重塔〜浮見堂〜志賀直哉宮邸〜春日大社〜手向山八幡宮〜東大寺二月堂〜東大寺三月堂前の約6km
※志賀直哉邸、大仏殿など入館・入堂しません
料 金無料
TEL0742-27-9889
主 催なら・観光ボランティアガイドの会
URLなら・観光ボランティアガイドの会
なら・観光ボランティアガイドの会/古の雅と季節あふれる奈良公園を歩く
makican
日 時 6月30日(土)
開場13:30 開演14:00
イベント Ensemble Sky
空も澄みきる音のファンタジー
会 場 橿原文化会館小ホール
内 容 大阪フィルハーモニー交響楽団首席コンサートマスターをはじめ、同オケの首席奏者で構成されたメンバーによる演奏は圧巻!
また、自身グループ内に作曲者、編曲者を持つ特異なアンサンブルユニットとしてこれからの活動が注目されている。
2014年、CDアルバム「the Sky」、2016年にヒーリングピアノソロアルバム「風とたんぽぽ」を発表!
料 金一般3,000円、友の会会員2,500円、高校生以下1,500円、障がい者・介助者1,500円
※2歳以下ひざ上無料、席必要は有料
※チケット発売4/9(月)9:00〜(電話受付は13時から)
TEL0744-23-2771
住 所橿原市北八木町3丁目65-5
交 通近鉄「大和八木駅」より徒歩4分
makican
日 時 6月30日(土)
14:00〜15:30
イベント 第2回 わたぼうし夏越しコンサート
会 場 たんぽぽの家 六条山カフェ
出 演たんぽぽの家 六条山カフェ
内 容
今年も「わたぼうし夏越しコンサート」を開催します。
「第2回 わたぼうし夏越しコンサート」を開催します。
わたぼうしの歌を聞いていただくだけでなく、懐かしいフォークソングや童謡などを皆さんといっしょに歌い、半年間の疲れを吹き飛ばしたいと思います。
さあ梅雨時の午後のひととき、いっしょに歌って、いっしょに楽しんで、いっしょに元気に夏越しましょう!

「夏越し」とは「夏越しの祓(なごしのはらい)」の略で、旧暦の6月末に海や川に入って身を清め半年分のケガレを落とし、この後の半年の健康と厄除けを祈願する伝統行事です。
由来は神話の伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の禊祓(みそぎはらひ)にまでさかのぼるそうですが、新暦となった現在でも、6月末ごろ日本各地の神社で行なわれています。

障害のある人たちの心を歌う「わたぼうし音楽祭」は1976年に奈良で生まれました。
ここで誕生した歌の数々は、障害のある人たちの夢や希望を包み込み、風に吹かれて飛んで行き、日本中、世界中で色とりどりの花を咲かせています。
43回目となる今年は、8月5日(日)奈良県文化会館国際ホールで開催されます。
料 金参加費600円+ワンドリンク代
申 込六条山カフェまでご連絡ください。
(1)電話:0742‐52‐2012)までご連絡下さい。
(2)メール:uen@popo.or.jp
(3)ファックス:0742‐52‐2013

件名に「わたぼうし夏越しコンサート参加希望」、お名前、お電話番号、メールアドレス、参加人数をご記入の上お申し込みください。

六条山カフェ
〒630‐8044  奈良市六条西3−25−15
TEL0742-52-2012
住 所〒630-8044
奈良市六条西3-25-15(西の京高校正門前)
主 催六条山カフェ
たんぽぽの家 六条山カフェ/ 第2回 わたぼうし夏越しコンサート
makican
日 時 6月30日(土)
14時〜16時(13時30分〜受付開始)
イベント 奈良県総合医療センター公開講座
「口の健康と誤嚥の予防」
会 場 奈良県総合医療センター 1階講堂
内 容
65歳以上の方が4人に1人を超え健康寿命を伸ばすため、口の健康は欠かせません。
自分の口で「噛む・飲み込む」ことができるよう、ノウハウを伝えます。
<プログラム>
「口の働き 噛む・飲みこむことの大切さ」
講師:山本一彦(奈良県総合医療センター 口腔外科部長)

「誤嚥性肺炎とは?」
講師:竹澤祐一(奈良県総合医療センター 呼吸器内科部長)

「嚥下/飲み込み簡単チェックと体操」
講師:小瀧美和(奈良県総合医療センター 言語聴覚士)

「口腔ケアが大切です」
講師:辰巳洋子(奈良県総合医療センター 摂食嚥下認定看護師)

「誤嚥をおこしにくい食事の工夫」
講師:塩井建太郎(奈良県総合医療センター 管理栄養士)

★講演講師らが答える質問コーナーあり
定 員200名(申込不要)
料 金無料
問合せ同センター 患者支援センター
電話:0742-46-6001
住 所奈良市七条西町2丁目897-5
主 催奈良県総合医療センター
URL奈良県総合医療センター
奈良県総合医療センター/公開講座 「口の健康と誤嚥の予防」
makican
日 時 6月30日(土)
開場16:00 開演17:00
イベント 奈良から歌おう歌謡曲
「りんごの夢コンサート2」
会 場 奈良市ならまちセンター 市民ホール
内 容
あの感動と夢を再び!
昨年、ならまちセンターで開催し大好評だった5*SEASONりんごの夢コンサートが今年も開催決定!

笑いあり、感動あり、盛りだくさんの夢あり!
夢コンサート2へ、ぜひお越しください!

料 金3,000円(当日500円UP)
問合せ純情レコード
電話番号:0742-23-0106
住 所奈良市東寺林町38番地
交 通近鉄奈良駅より徒歩約10分
JR奈良駅より徒歩約15分
URLりんごオフィシャルサイト
makican
日 時 開催中 〜7月1日(日)
9:00〜16:30(入館は16時まで)
イベント 2018年度春期特別展
「あすかの原風景」
会 場 飛鳥資料館
内 容
飛鳥の集落を記録した明治から昭和時代の写真や地図を通して、建物や道路の変化、遺跡・公園整備などによって変わりゆく飛鳥の姿を紹介します。
飛鳥時代の遺跡と農村の暮らしが一体となった明日香村には、「日本の原風景」とも言われる眺めが広がっています。
この歴史的風土を守るため、人々が立ち上がってから、ほぼ半世紀が経ちました。
この間、村内では懐かしい農村風景が保たれながらも、集落の人口構成の変化や道路の開通、発掘調査の進展や遺跡の整備などにより、少しずつ景色がうつりかわってきています。
江戸時代から近代にかけての飛鳥では、古代の石造物や古墳の高まりなどが歴史家の注目を集める一方、飛鳥の小盆地とその周辺には、当時の日本ではあたり前の農村の景色が広がっていました。
近代の地図や、昭和の発掘調査時に撮影された写真などからは、飛鳥ブームが巻き起こる以前の「あすか」の原風景がうかがえます。

今回の展覧会では、これらの地図や古写真などの貴重な資料をもとに、明治時代から昭和前半にかけての飛鳥の集落の様子を紹介します。
この展覧会が、かつての村の姿をふりかえり、未来に伝えていく契機となれば幸いです。
休館日月※4/30(月・祝)、5/1(火)は開館
料 金一般270円、高大生130円、高校生以下無料
TEL0744-54-3561
住 所高市郡明日香村奥山601
主 催奈良文化財研究所飛鳥資料館
URL飛鳥資料館
makican
日 時 開催中 〜7月1日(日)
9:00〜16:30(入館は16:00まで)
イベント 春季特別展
「あすかの原風景」
会 場 飛鳥資料館
内 容 飛鳥時代の遺跡と現代の農村の暮らしが一体となった明日香村には、「日本の原風景」とも言われる眺めが広がっています。
この歴史的風土を守るために人々が立ちあがってから、ほぼ半世紀が経ちました。
この間、村内では懐かしい農村風景が保たれながらも、集落の人工構成の変化や道路の開通、発掘調査の進展や遺跡の整備などにより、少しずつ景色が移り変わってきています。

江戸時代から近代にかけての飛鳥では、古代の石造物や古墳などが歴史家の注目を集める一方、飛鳥の小盆地とその周辺には、当時の日本では当たり前の農村の景色が広がっていました。
近代の地図や、昭和の発掘調査時に撮影された写真などからは、飛鳥ブームが巻き起こる以前の「あすか」の原風景がうかがえます。
今回の展覧会では、これらの地図は古写真などの貴重な資料をもとに、明治期から昭和中期にかけての飛鳥の集落の様子を紹介します。
この展覧会が、かつての村の姿をふりかえり、未来に伝えていく契機となれば幸いです。
休館日
料 金一般270円、大学生130円、高校生以下無料
TEL0744-54-3561
住 所高市郡明日香村奥山601
交 通・バス
近鉄 橿原神宮前駅 飛鳥駅から「かめバス(周遊)」。
近鉄/JR桜井駅から石舞台行 飛鳥資料館前下車。
近鉄八木駅から(土・日・祝日のみ)
「橿原市コミュニティバス」で飛鳥資料館前下車。
・レンタサイクル
近鉄橿原神宮前駅、飛鳥駅、桜井駅の各駅前にあります。
URL飛鳥資料館
makican
日 時 6月26日(火)、7月21日(土)
各10:00〜17:00
イベント 奈良・町家の芸術祭 はならぁと
会場お掃除ボランティア募集&物々交換会
会 場 旧音楽教室、太田店
内 容
増え続ける空き家が社会問題になっている昨今、地域に眠っている空き家と芸術祭を掛け合わせ、新たな命を吹き込み素晴らしい場作りをされている、はならぁと。
今回の会場となるオルガン教室と酒屋は村人の集まる空間でしたが、長い間空き家になっていました。
この空き家を再生するに、あたり、お掃除会を開催します。

イベントに賛同し、一緒に掃除し、協力してくださるボランティアを大募集します。

お掃除会の際には、不要になったものを持ち寄りその場で交換しあう「物々交換会」も開催する予定です。
曽爾村で始まった新たな空き家再生プロジェクト。この機会に参加してみませんか?
【持ち物】
昼食、汚れても良い服装、軍手、マスク
料 金無料
問合せ奈良・町屋の芸術祭HANARART実行委員会
0745-80-2312
住 所宇陀郡曽爾村今井513-3
主 催奈良・町屋の芸術祭HANARART実行委員会
URLfacebook
makican
 
makican
▲ページ最上部へ