元気になる情報誌 yomiっこ
yomiっこキャラクター ヨッピー
 
資 料 館 - yomiっこ
日 時 開催中 〜7月1日(日)
9:00〜16:30(入館は16時まで)
イベント 2018年度春期特別展
「あすかの原風景」
会 場 飛鳥資料館
内 容飛鳥の集落を記録した明治から昭和時代の写真や地図を通して、建物や道路の変化、遺跡・公園整備などによって変わりゆく飛鳥の姿を紹介します。
料 金一般270円、高大生130円、高校生以下無料
TEL0744-54-3561
飛鳥資料館/2018年度春期特別展「あすかの原風景」
makican
日 時 開催中 〜7月1日(日)
9:00〜16:30(入館は16:00まで)
イベント 春季特別展
「あすかの原風景」
会 場 飛鳥資料館
内 容飛鳥時代の遺跡と現代の農村の暮らしが一体となった明日香村には、「日本の原風景」とも言われる眺めが広がっています。
この歴史的風土を守るために人々が立ちあがってから、ほぼ半世紀が経ちました。
この間、村内では懐かしい農村風景が保たれながらも、集落の人工構成の変化や道路の開通、発掘調査の進展や遺跡の整備などにより、少しずつ景色が移り変わってきています。

江戸時代から近代にかけての飛鳥では、古代の石造物や古墳などが歴史家の注目を集める一方、飛鳥の小盆地とその周辺には、当時の日本では当たり前の農村の景色が広がっていました。
近代の地図や、昭和の発掘調査時に撮影された写真などからは、飛鳥ブームが巻き起こる以前の「あすか」の原風景がうかがえます。
今回の展覧会では、これらの地図は古写真などの貴重な資料をもとに、明治期から昭和中期にかけての飛鳥の集落の様子を紹介します。
この展覧会が、かつての村の姿をふりかえり、未来に伝えていく契機となれば幸いです。
料 金一般270円、大学生130円、高校生以下無料
TEL0744-54-3561
飛鳥資料館/春季特別展 「あすかの原風景」
makican
日 時 7月7日(土) 〜8月19日(日)
9時〜16時30分
イベント 企画展
「明治150年関連展示 鉄道の開設と南山城の近代」展
会 場 京都府立山城郷土資料館
内 容1868年の明治改元以降の150年、南山城地域では木津川水運が終わりを告げ、鉄道網が整備されたことで、人々の暮らしも大きく変わりました。
地域のうつりかわりを、鉄道施設や学校教育、戦争と生活、観光や文化などの視点から紹介する企画展です。
料 金一般200円、小中学生50円
*満65 歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方とその介護者の方、小中学校等の学校教育活動の場合は無料。
TEL0774-86-5199
makican
日 時 開催中 〜8月26日(日)
10:00〜17:00(入館は16:30まで)
イベント 春日大社 御創建1250年記念展II
「聖域 〜御本殿を飾る美術〜」
会 場 春日大社国宝殿
料 金一般500円、高大生300円、小中生200円
TEL0742-22-7788
春日大社国宝殿/春日大社 御創建1250年記念展II 「聖域 〜御本殿を飾る美術〜」
makican
 
makican
▲ページ最上部へ