奈良っこ
ならきち
makican
スタッフブログ

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のブログ記事

2016年 8月 16日(火)

赤目四十八滝

written by えーちゃん

8/9〜8/15、夏季休暇をいただきました。
そこで、涼を求めて「赤目四十八滝」へ。
高校の遠足で来た以来、3度目の赤目です。

数日、雨が降っておらず水量が少なめ…

全滝制覇の体力もなく、百畳岩で引き返してしまいましたが、
森林&滝からマイナスイオンを浴び、汗もかき、リフレッシュできました。

(link:赤目四十八滝

赤目名物『へこきまんじゅう』
プレーン味をいただきました。
スイートポテトみたいでおいしい!
滝に入る前の腹ごしらえにピッタリ♪ ですよ。

←刀を背負った忍者の形

お店の場所:赤目四十八滝『サンショウウオセンター』入口前

(link:たまきや

2016年 8月 1日(月)

初めてのねん挫

written by ゆきまる

人生初の大きなケガ(といってもねん挫なのですが)をしました。 初めてということもあり、右足首がどのようになって腫れ、どのように悪くなったのかわからないことばかりでした。この機にねん挫を少し勉強しました。

1*足首に何が起きたか。
 <じん帯>足が内側に入ったため、外側のじん帯が伸びました。レントゲンでは骨の様子は腫れに隠れて見えず、欠けているかはわからないとのこと。じん帯は切れてはおらず、すぐに固定し、元に戻るのを待ちます。
 <腫れ>足首が見たことないくらい腫れていました。中の血管とリンパ管が破れ、染み出ているとのこと。これは外傷で血が出てかさぶたができるのと同様に、中の血管にかさぶたができ、破れがふさがるのを待つのが良いそうです。治りかけの時に動かすとまたかさぶたが破けるのと同じように、破けないよう注意が必要です。

2*治療2週間目
 ねん挫から2週間。固定が外れました。まだまだ腫れており、半分に切った固定具をつけて日中は安静にしてくださいとのこと。夜は少しずつ立って負荷を与えてリハビリをしていきます。動かしたことやお風呂でしっかり温めることができたからか、血行が良くなり、寝て起きると腫れは徐々に引いているようです。しかし夕方は元々のむくみと合わさり、ぷくぷくします。

3*治療3.5週間目
 足首と足の甲の間の骨が何か出っ張っているのを発見。週末に診てもらい、どのような診断がおりるのかとドキドキしている小心者です。

感想*様々なところに支障をきたし、運動できないもやもやを抱え、大反省の7月でした。治りかけの時には安静と、温めて血行を良くすることが一番のようです。ねん挫クセや変な後遺症が残らないよう祈るばかり…。皆さんも気を付けてくださいね! またの診断後を報告できればと思います。

 
▲ページ最上部へ