> 暮らし > 光明山 阿弥陀寺 みねのてら

暮らし その他

2018年05月14日 ライター:

光明山 阿弥陀寺 みねのてら

永代供養塔のイメージ

開山300年の古刹
富雄・学園前の自然の中にある安らぎの場

富雄~生駒地域には、修験の祖、役小角の伝説が至るところに残る。本寺も同様で、裏庭には役小角像も。1月下旬から3月にかけて咲き乱れる椿は必見。冬の夜明けには、山門から若草山の方角に現れる、陽炎(かぎろい)が180度のパノラマを演出する。


永代供養塔・送骨
生前予約可、宗旨・宗派不問。 ※檀家制度はとっていません

写経会
毎月1日、11日 9時~

本堂(春・秋)
yomiっこ掲載のイラストは画家・室田陽平さんの初期の作品

修正会   1月1日
春彼岸法要  3月23日、24日
開山忌法要 5月4日
盂蘭盆会法要 8月14日、15日

みねのてら 地蔵盆
2019年度は8月24日
大じゅずくり 18時半~

秋の彼岸会 9月22日、23日
菊花展   11月中旬~12月上旬
みそづくり体験 11月下旬
如来御回在 12月初め

*yomiっこ2018年6月号に掲載の情報です

  • バナー1

    anna
  • バナー2

    奈良っこ,narakko広告募集中
  • 奈良っこ,narakko広告募集中