> 特集 > 春の訪れをいち早く告げる梅の花。梅だより2020【前編】

特集 観光・レジャー 花だより

2020年01月25日 ライター:

春の訪れをいち早く告げる梅の花。梅だより2020【前編】

春の訪れをいち早く告げる梅の花。
穏やかな日差しを浴びて咲きほころぶ姿も、小雪の中に咲く姿も愛らしい。
梅の香りに包まれて、春を感じにでかけましょう。

月ヶ瀬梅渓

月ヶ瀬梅渓(奈良市)

つきがせばいけい

●本数…約10,000本 ●見頃…2月中旬〜3月下旬

名張湖畔沿いから尾山山頂まで紅白約1万本の梅が順次開花。古から文人墨客が愛でてきた名勝だ。馥郁とした香りが漂うなかで、2月16日からイベント満載の梅渓梅まつり。枝垂れ梅の名所・月ヶ瀬温泉とセットで楽しむ観梅はなおいいね。

【EVENT】2020/2/16(日)〜3/31(火) 月ヶ瀬梅渓梅まつり

【立ち寄りSPOT】梅の郷 月ヶ瀬温泉

賀名生梅林(五條市)

●本数…約20,000本 ●見頃…2月下旬〜3月中旬

南朝の里・賀名生の北曽木丘陵を覆いつくすように約2万本の梅が彩る。淡い紅色や白梅が順に咲く様子は雲海のよう。見返り千本・奥の千本などの景勝ポイントもあるよ。

片岡梅林(奈良市)

●本数…約250本 ●見頃…2月下旬〜3月下旬

約250本の梅の花が奈良公園・浮御堂北側を華やかに彩る。春日大社や飛火野での鹿寄せ、東大寺などを巡りながら楽しもう。

大和文華館(奈良市)

●本数…約130本 ●見頃…1月下旬〜3月中旬

四季折々の花が彩る美術館。約70種130本の梅が、野趣に富んだ自然園“文華苑”を紅白に飾り来園者を楽しませる。

【イベント】
2020/2/4(火)うめの無料招待デー

薬師寺(奈良市)

●本数…約100本 ●見頃…2月中旬〜3月中旬

本坊前と北受付の参道を彩る紅白の梅が、世界遺産の白鳳伽藍へと誘う。玄奘三蔵伽藍の東側の梅も楽しんだ後は、勧進写経で心を落ち着けてみては。

【イベント】
2020/3/1(日)〜6/30(火)
玄奘三蔵伽藍・大唐西域壁画公開、食堂・西塔初層内陣公開

*yomiっこ2020年2月号掲載の情報です

*見頃は気象条件より変わります

  • バナー1

    anna
  • バナー2

    奈良っこ,narakko広告募集中
  • 奈良っこ,narakko広告募集中