> 特集 > 春の訪れをいち早く告げる梅の花。梅だより2020【後編】

特集 観光・レジャー 花だより

2020年01月26日 ライター:

春の訪れをいち早く告げる梅の花。梅だより2020【後編】

春の訪れをいち早く告げる梅の花。
穏やかな日差しを浴びて咲きほころぶ姿も、小雪の中に咲く姿も愛らしい。
梅の香りに包まれて、春を感じにでかけましょう。

みんぱく梅林(大和郡山市)

●本数…約140本 ●見頃…2月中旬〜3月中旬

古民家が建ち並び、里山の風景が広がる奈良県立大和民俗公園。東側の梅林では2月上旬からロウバイ、そして紅梅・白梅が順に咲き香る。

【イベント】
2020/2/15(土)〜3/8(日)
古民家でひなまつり
9:00〜16:00
園内の旧・臼井家住宅
月曜休み(祝日の場合は翌平日)
料金は無料

県営 馬見丘陵公園(広陵町・河合町)

●本数…約150本 ●見頃…2月上旬〜3月下旬

馬見古墳群の保存のため整備された、県下で2番目の広さを有する公園。古代の遺跡を囲むように四季の花々が彩り、1年を通して楽しめる。中央エリアを中心に約150本の赤と白の梅が咲き誇る。

けいはんな記念公園(精華町)

●本数…約100本 ●見頃…2月中旬〜3月下旬

野鳥・花々が見せる四季の趣を楽しめる公園。赤・白・ピンク、100本の梅が園内を飾る。

菅原天満宮(奈良市)

●盆梅展 2/9(日)〜3/8(日)約200本(130品種)

梅の花をこよなく愛した菅原道真公。その生誕の地と伝わる日本最古の天満宮の盆梅展。早咲き・中咲き・遅咲きと丹精込められた梅が境内を彩っていく。受験も本番! 学問の神様のエールをいただきがてらの観梅も◎

郡山城跡(大和郡山市)

●第17回大和郡山盆梅展 2/8(土)〜3/10(火) 盆梅約120鉢

市内の愛好家が丹精込めて育てた盆梅を、お城の櫓の中で楽しめる珍しい盆梅展。櫓の外には枝垂れ梅も。期間中の週末を中心に「日本伝統芸能 猿まわし」のパフォーマンスもあり。

木の館 豊寿庵(伊賀市)

●枝垂れ梅 約200本 見頃:3月中旬〜4月上旬

滝が流れる約1万坪の日本庭園に、枝垂れ梅が色づく観梅スポット。梅の香りと共に美しい景観が楽しめる。

*yomiっこ2020年2月号掲載の情報です

*見頃は気象条件より変わります

  • バナー1

    anna
  • バナー2

    奈良っこ,narakko広告募集中
  • 奈良っこ,narakko広告募集中