> 観光・レジャー > 神社仏閣 > 【東吉野村】丹生川上神社中社

【東吉野村】丹生川上神社中社

●にうかわかみじんじゃなかしゃ

天武天皇創建の、雨乞い・雨止みの神社

御祭神の罔象女神(みづはのめのかみ)は水、雨を掌る大神で、祈雨・止雨の神として、奈良時代(763年)の淳仁天皇の奉幣祈晴をはじめ、室町時代に至るまで数10回の奉幣祈願がなされ、朝廷・国家また人々より篤い崇敬を受けてきた。
朝廷の奉幣にあたり旱魃の際の祈雨には黒毛の馬を、長雨の際の止雨には白毛の馬を奉るを例とした。
平安時代の「延喜式」(927年)では、名神大社という特に霊験あらたかな神社として月次、新嘗祭に際し官幣に預かり雨師社・雨師明神・丹生大明神とも称され、また平安中期以降には朝廷における最高の社格となる「二十二社」の一つに数えられた。
戦国時代以降には丹生川上神社の所在地が不明となってしまい、現在は上社(川上村)、中社(東吉野村)、下社(下市町)の三社別々の神社となっている。登記上「丹生川上神社」は中社になる。
瑞垣内にある石燈籠は重要文化財に指定されている。

基本情報 Basic Information

丹生川上神社中社

にうかわかみじんじゃなかしゃ

TEL
0746-42-0032
営業時間
【社務所受付】
8:30~17:00

【祈祷】
9:00~16:30
※冬季はそれぞれ30分短縮
※境内参拝は自由
住所
吉野郡東吉野村小968
駐車場
あり
HP
https://niukawakami-jinja.jp/
アクセス Access Map
  • anna

  • narakichistore

  • suzuri