> 観光・レジャー > 【大和郡山市】大納言塚

【大和郡山市】大納言塚

●だいなごんづか

郡山の礎を築いた“大和大納言”の墓所

天正19年(1591)に51歳で没した、豊臣秀吉の弟の豊臣秀長の墓所。大和・和泉・紀伊100万石を治め、大和郡山を拠点としていた秀長の遺骸は、この地に葬られた。最終官位が大納言であることから大納言塚という。

江戸時代に墓所は荒廃したが、菩提寺であった春岳院の僧である栄隆らの尽力により、安永6年(1777)に墓域が整備され、五輪塔が立てられた。現在ある五輪塔は、その時のものである。

毎年4月22日には、「大納言祭」がとりおこなわれる。

基本情報 Basic Information

大納言塚

だいなごんづか

住所
大和郡山市箕山町14
アクセス Access Map
  • anna

  • narakichistore

  • suzuri

  • 大和まほろば夢空市

メルマガ会員登録バナー

プレゼント応募バナー