> 観光・レジャー > 【大和郡山市】郡山城跡

【大和郡山市】郡山城跡

●こおりやまじょうせき

豊臣100万石、柳澤15万石の名城
大和郡山のランドマーク

筒井順慶が築城し、その後、豊臣秀吉の異父弟・秀長、五奉行の増田長盛らが拡張した。江戸時代に入ってからは、水野・松平・本多と藩主がかわり、享保9年(1724)に甲府藩(山梨県)から柳澤吉保の子・吉里が15万石で入部し、明治の廃藩置県まで柳澤家が藩主をつとめた。

現在、城跡には遺構のほかに、江戸期の史料を保管する柳澤文庫、藩祖・柳澤吉保を祀る柳澤神社がある。令和3年(2021)3月には極楽橋が再建された。

平成29年(2017)からは天守台展望施設が一般公開され、郡山城下町と奈良盆地を一望できる。石垣補修整備事業に伴う発掘調査で出土した天守礎石の実物も見ることができる。4月には城跡を取り巻くように桜が咲き誇り、日本さくら名所100選にも選ばれ、多くの花見客が訪れる。

追手門
基本情報 Basic Information

郡山城跡

こおりやまじょうせき

TEL
0743-52-2010
営業時間
天守台展望施設/4~9月:7:00~19:00、10~3月:7:00~17:00
住所
大和郡山市城内町
アクセス Access Map
  • anna

  • narakichistore

  • suzuri

  • 大和まほろば夢空市

メルマガ会員登録バナー

プレゼント応募バナー