> 暮らし > kinoto/株式会社アーキネット(奈良市)住む人の想いに応え、先を見据えた新しい“NORMAL”をデザイン

暮らし

yomiっこ2021年5月号掲載

ライター:

プロの料理人も招いて楽しめるダイニングキッチンは、大きな開口部を開けばテラスと地続きで  開放感たっぷり。リビングは幅広の階段でホームシアターにも(ブラインドがスクリーン) 

満たされた家時間と、心地よい空間を共有し、思い思いの暮らし方を描ける家 
kinotoコンセプトハウス/奈良市朝日町

 住む人の暮らし方や美意識に寄り添いながら「新しい普通」を提案している住宅ブランド・kinotoのコンセプトハウス。

 白壁と木のコントラストが緑多い周囲にマッチする外観。玄関からメインとサブの出入り動線を作った1階は開放的なLDK。日々の料理を効率よく、楽しくしてくれそうなキッチンに、日ざしがたっぷり降り注ぐリビング。天井にも床にも木をふんだんに使った温かみと清潔感のある空間が広がる。磁器タイルを敷いたLDKとテラスは、大開口の引き戸を開けば地続きとなり、アウトドアリビングとしての機能も。

 2階への階段は”日々を過ごす場“としても設計。中2階にはスタディー&ワークスペースと新感覚の和室を配置した。料理以外の家事は人目につかない2階にまとめられ、浴室と広いランドリースペース、家族共用のウォーキングクローゼットとライブラリーは廊下も兼ねている。

 さらに、上質な眠りと目覚めを叶えるために、採光と見晴らしなどを考え抜いて南東のベストポジションに配置された寝室など、家づくりをする際、参考にしたいポイントが随所に組み込まれている。

 特に目を引くのが、立地を利用し周囲を借景として取り込んだ設計。80坪の空間が何倍にも広がって感じられる。

裏の緑地公園を借景に取り入れたスタディー&ワークスペース
サブ入り口から帰宅後すぐに手洗い!   客も使える洗面台
引き出しには絵本やおもちゃなどを  収納。ミニシアターの座席にもなる  広々階段
空に浮かんでる感が味わえる和室
浴室とランドリー/見られたくないものは2階にまとめてストレス減
廊下を兼ねる家族共用のライブラリー。並行してウォーキングクローゼットを配置
スマホ等は寝室の外で充電
間接照明で安らかに入眠、 自然光でさわやかな目覚め

時には料理人を自宅に呼んでパーティーもできるような「キッチンに住まう家」をテーマにしながら、家時間をより豊かに過ごせる工夫を凝らしました。

向井克隆社長

住む人の想いに応え、先を見据えた
新しい“NORMAL”をデザイン

階段も“日々を過ごす場”

“かたち(デザイン)”と“ここち(住む人の生活) ”を大切に「洗練された木の住まい」のブランド「kinoto」。地域材をはじめ自然素材を中心に、大きな空間から小さな工夫まで、住む人が過ごす長い時間を見据えたノーマルな造作が“ここち”を高める。

夜時間の充実&テラスと地続きのLDKでアウトドアの愉しみも広がる
食を中心にした豊かな暮らし〝キッチンに住まう〟

オンライン相談実施中
限られた土地でも立地を生かせば何倍にも豊かなものができます。土地探しから家づくりまでお手伝いします。
気軽にご相談を。

kinoto/株式会社アーキネット

■kinoto SALONE(キノト サローネ)主宰
■薪ストーブショップ「焔鹿」併設
■モデルハウス・ギャラリー見学は感染防止対策のため予約制

基本情報 Basic Information
  • narakichistore

  • suzuri

  • 大和まほろば夢空市

  • 奈良さんぽ

  • ナラタビックス

  • アフタヌーンティー

  • お抹茶