HOME > 暮らし > kinoto/株式会社アーキネット(奈良市)住む人の想いに応え、先を見据えた新しい“NORMAL”をデザイン

暮らし

yomiっこ2022年5月号掲載

ライター:

↑2階は全無垢だが1階は床暖のため  半無垢材でそれらしい仕上げに  中2階の窓から抱っこで出してもらうことも 

中2階の子ども基地。下はパパの〝隠し部屋〟
時にアウトドアや非常時グッズの格納庫 
施工 kinoto/逢阪邸(生駒市) 

 公園の緑を借景に生駒の山や街並みを見渡せる高台にある逢阪邸。奥様と7歳を頭に2男1女の子どもたち5人家族が住む。アクティブでアウトドア派のご夫婦、休日は家族でのキャンプや友人たちとのパーティーを楽しむという。
 元はマンション住まいだったが、kinotoのモデルルームの見学会で、建物と共にスタッフの人柄に惹かれて”家を建てる“ことを意識し始めた。土地探しの段階から逐一kinotoに相談。この土地は、同社が地質・地盤などあれこれ調査し、その太鼓判で決まった。

〝人が集まる家〟が絶対条件! 

 第一条件は ”人が集まる家“。友人知人たちとのホームパーティーが多かった同家、それを軸にした設計を依頼した。広々リビングに窓はL字型、天窓や隠し部屋、中2階がほしいなど、希望をすべて伝えた。「予想以上の仕上がり。住んで5年、飽きることがなくて建て替えなんて思わないほど」と大満足の夫妻。
 吹き抜けのリビングを中心に1階に和室とキッチン、中2階、2階に寝室、子ども部屋が取り囲む。どの部屋にも窓を付け、どこにいても親は子どもたちの様子を、子どもたちは親の姿を目にできる。
 階段踊り場を広く取った中2階は、子どもたちの基地。その下が2畳分のパパ用隠し部屋。場合によってはシェルターとなり、備蓄品の収納スペースとしても使える。
 L字型の開放的な窓と家の周りをぐるりと囲むウッドデッキと庭。外の景色が一望でき、子どもたちが遊ぶ姿も常に視野内だ。一体になっている庭と家でキャンプもパーティーも自由自在! 立地を利用し借景を最大限に生かす設計に定評のkinoto。家空間の広がりに加え、外界をも我が家にした住まいだ。

広い庭に遊び心のあるシェルター小屋企画も浮上中!
炊事中も、視野に子どもの姿や外界の緑が。 キッチン左手にも窓があり、中2階にいる 子どもの様子を見ながら炊事ができる
子ども部屋/子どもたちが健やかに育ち、将来は仕切りで部屋数  が増やせる設計に。窓からは隣の公園や庭で遊ぶ子どもの姿を目  にでき、生駒の山並みも遠望
自然光が降り注ぐ寝室。リビング側にも窓
男の隠れ家/いざという時のシェルターともなり、水や食料などの備蓄品収蔵庫の役目も!
廊下の壁面は天井までの収納庫

自然光が降り注ぐ寝室。リビング側にも窓

間口3mで南西に面した崖地でしたが、条件クリア。借景を存分に生かし、大きな吹き抜けは等間隔の柱と太い梁で強度を持たせ、木組みの美しさを強調しました。

向井克隆社長

取材協力/逢阪邸

養蜂家でもある逢阪氏。
高山の自然の中で採れた100%純粋蜂蜜の販売も
Instagram:osaka_beefarm

住む人の想いに応え、先を見据えた
新しい“NORMAL”をデザイン

“かたち(デザイン)”と“ここち(住む人の生活) ”を大切に「洗練された木の住まい」のブランド「kinoto」。地域材をはじめ自然素材を中心に、大きな空間から小さな工夫まで、住む人が過ごす長い時間を見据えたノーマルな造作が“ここち”を高める。

夜時間の充実&テラスと地続きのLDKでアウトドアの愉しみも広がる
食を中心にした豊かな暮らし〝キッチンに住まう〟

オンライン相談実施中
限られた土地でも立地を生かせば何倍にも豊かなものができます。土地探しから家づくりまでお手伝いします。
気軽にご相談を。

kinoto/株式会社アーキネット

■kinoto SALONE(キノト サローネ)主宰
■薪ストーブショップ「焔鹿」併設
■モデルハウス・ギャラリー見学は感染防止対策のため予約制