> 特集 > 第73回 正倉院展 /日時指定入場制。秋の奈良を堪能しよう

ライター:

第73回 正倉院展

令和3年10月30日(土)~11月15日(月)  全17日間、会期中無休  

本年は大仏開眼法要で東大寺に献納された品々がまとまって出陳。
舶来のガラス器や舞楽装束など法要の場の華やかな情景が浮かぶ宝物が見られる。
当時の素材や技術を忠実に再現した舞楽装束「呉楽笛吹襪(くれがくふえふきのしとうず)」の模造品にも注目。
加えて、筆や硯などの文房具が多く出陳されるのも今回の特徴。
当時の文書行政を支えた書の文化に思いを馳せる機会ともなる。
そのほか、多彩な染色技術で装飾された彩り豊かな染織品など、当時の高い技術力と鮮やかな色彩感覚を味わえる資料の数々に目が離せない。

【展覧会概要】
前売り日時指定券のみ、当日の販売はなし

チケット取り扱い
9/25(土)10時〜販売開始
ローソンチケット[Lコード:57700]
■ローソン及びミニストップ各店舗
電話受付(TEL 0570-000-028)
奈良国立博物館でのチケット販売はなし
※チケット売り切れの場合はご了承ください

ミュージアムショップおすすめグッズ

宝物がデザインされたオリジナルの正倉院文様グッズ
ミュージアムショップ TEL 0742-26-3868

正倉院展に行ったら行きたいお店

周辺イベント

秋期特別展
地下の正倉院展

 文字資料としての側面に注目が集まりがちな“木簡”。本年年輪年代学とのタイアップや木簡の三次元計測の試みなど、通常とは少し異なる“モノ”としての木簡に焦点を当てた展覧会となっている。

第15回 あるくん奈良スタンプラリー 

 奈良の町をめぐり、スタンプを3つ集めてガラポンに挑戦。正倉院宝物デザインのグッズや、妖怪書家・逢香さんデザインのトートバッグなどが当たる。「墨・筆・書道」がテーマのラリー冊子にも注目!

正倉院展 短歌・俳句コンクール

 正倉院にまつわる短歌・俳句を募集中! 天平時代へ思いをはせて詠むも良し。Webでの応募もできるので、気軽に参加してみて。

掲載内容は2021年10月6日現在のものです。催事・価格変更の際はご了承ください

基本情報 Basic Information
  • narakichistore

  • suzuri

  • 大和まほろば夢空市

  • 奈良さんぽ

  • ナラタビックス

  • アフタヌーンティー

  • お抹茶