> 特集 > 第72回 正倉院展 /今年は日時指定入場制。秋の奈良を堪能しよう

特集 イベント

2020年10月24日 ライター:

第72回 正倉院展 /今年は日時指定入場制。秋の奈良を堪能しよう

第72回 正倉院展

令和2年10月24日(土)~11月9日(月)  全17日間、会期中無休  

本年は、宝庫に納められている宝物のうち武器や防具のほか、細部にまで技が光る鏡や遊戯具、楽器など多様な品々を出陳。

刺繡や染めなどの染織技法、螺鈿(らでん)や撥鏤(ばちる)などの工芸技法を用いた宝物が見られる。

加えて、光明皇后が、聖武天皇の七七忌(四十九日)に東大寺大仏へ献納したとされる薬物(やくぶつ)も。

当時献納されたのは約60種で、病に苦しむ人々にも分け与えられたとされ、今回は現在も残る38種のうち6種と、宝庫に伝わる薬物2種が出陳される。

戸籍や税に関する公的な文書など、奈良時代の社会や暮らしが垣間見える資料の数々も見逃せない。

【展覧会概要】
前売り日時指定券のみ、当日の販売はなし

チケット取り扱い
9/26(土)10時〜販売開始
ローソンチケット[Lコード:57700]■チケットぴあ[Pコード:763-373]電話受付 0570-02-9999
■セブンイレブン各店舗
奈良国立博物館でのチケット販売はなし
※チケットは売り切れの場合があります。ご了承ください

ミュージアムショップおすすめグッズ

宝物がデザインされたオリジナルの正倉院文様グッズ
ミュージアムショップ TEL 0742-26-3868

正倉院展に行ったら行きたいお店

周辺イベント

秋期特別展
地下の正倉院展

奈良時代前半に政権の中枢を担った貴族、長屋王。

長屋王家木簡1,669点が国の重要文化財に指定されることを記念し、新指定の木簡を展示。

当時の上級貴族の暮らしぶりがうかがえる展覧会となっている。

元明天皇展

 藤原京から平城京に遷都をした女帝・元明天皇にスポットを当て、イラストやゆかりの地の写真などをパネル展示する。

和同開珎鋳造、古事記や風土記を作らせるなど、後世に残る事業を成し遂げた元明天皇の生涯に迫る企画展。

掲載内容は2020年10月7日現在のものです。催事・価格変更の際はご了承ください

  • バナー1

    anna
  • バナー2

    奈良っこ,narakko広告募集中
  • 奈良っこ,narakko広告募集中