【葛城市】大宝天皇神社

●たいほうてんのうじんじゃ

どんな神社?

創建・由緒ともに不明の神社。ご祭神は素戔嗚命・国狭土命・天鵄面命・大山津見命で、大正6年(1917)に大山祇神社を合祀しています。

大宝天皇とは?

大宝年間の天皇というと文武天皇になりますが、周辺に行幸したなどの記録はありません。

一説では、大宝天皇とは牛頭天王のことではないかと考えられています。滋賀県栗東市にある大宝神社は旧宮名を「大宝天王宮」といい、牛頭天王を祀っています。牛頭天王は神仏習合の思想の中で素戔嗚命に置き換えられることから、大宝天皇神社の「天皇」も「牛頭天王」を指すのではないかと思われます。

また大宝神社の社伝では「大宝天王」は勅定により授けられた神号と伝わり、同社固有の名称となります。関わりを示すものは現在ありませんが、何らかの縁があったのかもしれません。

基本情報 Basic Information

大宝天皇神社
たいほうてんのうじんじゃ
住所
葛城市南藤井459
駐車場
なし

アクセス Access Map