奈良っこ
ならきち
makican
スタッフブログ

2017年 6月 13日(火)

各地でアジサイが見ごろ

written by キキ

矢田寺をはじめ県内各地でアジサイが見ごろを迎えております。

  笠置山 東海自然歩道沿 で撮影された写真が 編集部に届きましたのでご紹介します!

笠置山登山口から笠置山へと続く東海自然遊歩道。
杉の木の間を縫って山肌を埋め尽くすアジサイが見られます。
中にはハート型のアジサイもあるとか。


yomiっこ6月号では、「カメラマンおすすめの初夏を彩る花だより」を掲載。
岩船寺や吉野山のアジサイ情報他、睡蓮やシロヤシロなど、
今が見ごろな花情報満載です!

2017年 5月 6日(土)

平城京天平祭・2017!

written by Na-go

5月3日から5日にかけての3日間、平城京天平祭に行って参りました!

3日間ともに非常に良いお天気で、お祭り日和でした。

東市西市(奈良のうまいものが集う飲食ブース)も大賑わい。
市の中央部にあるテントは、購入したうまいものを食べるお客様で満席状態でした。

yomiっこスタッフも本部スタッフとして、総出でお客様をお出迎えしておりました。
貫頭衣を着て、場内を巡回。
私は最終日に、何気なく着てきた黒のインナーに、「何だか暑いな・・・」と感じ嫌な予感がしつつもタグを確認したところ、


なんと、着ていたのはヒートテ●クでした。
どうして家で着る時に気が付かなかったのか・・・!

私がお昼にいただいたのはこちら。 餃子も唐揚げも、アツアツジューシーで美味しかったです♪



私のグルメレポートはさておき。
この3日間、本当に充実した日を過ごせました。
たくさんの方と触れあえましたし、古き良きものを、知ることも出来ました。
また来年、再来年とずっと続いてほしいイベントだなと感じました。
書きたいことや載せたい写真はたくさんあるのですが、絞りきれません。
3日の天平行列、4日の鷹狩り、5日のこども衛士隊など、目玉イベントのお写真は、
私の撮影したデジカメよりも画質がいいものがまた更新されるかと思いますので、そちらをご覧いただけたらなと思います。

ちなみに、5日には我らが「ならきち」も出演しました!!
その時の模様はならきちの公式ツイッター(@ynl_narakko)にて更新されておりますので、是非そちらもご覧ください♪ ﹨(θτθ)/

以上、平城旧天平祭2017の(超個人的)レポートでした!

2017年 5月 2日(火)

山姥デビューから1年余り

written by やーさん

4月29日、京都市右京区の峰床山(970m)に滋賀県側から登りました。

JR湖西線の堅田駅からバスで40分余り、葛橋小学校前から林道へ。幾度も沢を渡りながら八丁平へ。
途中、まだ雪が残るところもあり、3月頭の雪中登山を思い出しました。
高層湿原と言われる八丁湿原は乾いていて期待外れ。
そこから峰床山頂上を目指しピストン予定でしたが、思いのほか時間がかかりそうなので、峰床山経由で貴船方面へ下ることに。上空の寒気団のイタズラで、登頂後すぐに雷雨に見舞われましたが、リーダーたちの的確な判断で、楽な道を美山荘まで無事下山。快晴となった空の下、さらに5〜6km歩いてからバスで出町柳へ。
3万5千歩、翌日に筋肉痛を持ち越さないのが自慢の山姥です。

写真:沢に倒木を渡して、リーダーの手助けの下に1人ずつ渡る

薄ピンクのかわいい花びらのイワウチワ
息が上がって「ああ、しんど」の思いも吹っ飛ぶ瞬間です。

峰床山三角点。一服した直後に遠くでゴロゴロ。
「やばい!」と記念撮影もそこそこに、下山開始するや間もなく
雹交じりの大粒の雨がバラバラ・・・。

これは登りの道中。
ピストンしてたら雷雨の中、
こんなところを下山する羽目に?

2017年 4月 19日(水)

新しくなった郡山城天守台に行ってきました

written by Nishi

先日、新しくなった郡山城の天守台に行ってきました!
崩れる危険性のあった石垣の修復と、展望施設の整備を、平成25年から4年かけて大和郡山市が実施。今春無事完成し、3月26日から一般公開されています。

実際に訪れてみると、通路が舗装され、手すりや案内板が新たに設置されていました。 昔は、石垣の周りに草木が生い茂る、野趣あふれる天守台だったかと記憶しているのですが、整備後はずいぶんキレイな雰囲気へと変わっています。

天守台から東方向を眺めた景色です。
手前中央の建物が城址会館。その右隣に梅林門、月見櫓が見えます。

天守台は利用時間が決まっているので、訪れる際にはご注意ください!

帰りは、城址内にあるインド料理店『オーム・スイート・オーム』さんへ。
チキンカレー(800円)をいただきました。じっくり煮込まれたチキンが、ホロホロと柔らかくてジューシー。とてもコクのある味です。食後はお店の奥様と、のんびりお話させていただきました。ごちそうさまでした。

2017年 3月 12日(日)

月ヶ瀬に梅を見に行ってきました

written by kiri

月ヶ瀬に梅を見に行ってきました。
お天気も良く、暖かくて気持ちのいい日で、たくさんの観光客で賑わっていました。
温泉にも入るつもりで、お風呂セットを持参していたのですが、駐車場の車の列を見てあきらめました。

お昼ごはんは、「湖畔の里つきがせ」で日替わり定食をいただきました。
普段の食生活が健康的とは程遠いので、野菜たっぷりで、いろいろなものをちょっとずつ食べられて幸せでした。

お土産に、梅干しとお茶を買って帰路につきました。
春らしい休日が過ごせました。

2017年 3月 2日(木)

山の辺の道沿いの菜の花が見頃です

written by さっさん

「山の辺の道」の南部コースの途中にある
竹之内環濠集落辺りの菜の花が満開です!

気候も温かくなってきたので、
山の辺の道を歩く方も多くいました。

ミツバチもせっせと働いていて、
ぶんぶんとすごい音でした。。。

菜の花を見た後は
「天極堂(飛鳥彩瑠璃の丘 天極堂テラス)」へ立ち寄り、
2階のカフェスペースで葛もちを注文。

作りたてのもちもちぷるぷる
温かいうちに食べるので、
とろ〜っとした葛の食感が絶品です。
店内の窓からは飛鳥の風景を眺めることも!

ちなみに...
1階の“デモキッチン”では、ガラス越しも葛もちづくりの様子が見れますよ〜

(link:天極堂

2017年 2月 26日(日)

初めての、飛鳥資料館

written by えーちゃん

飛鳥資料館で現在開催中の『飛鳥むかしむかし 早川和子原画展』に行って来ました。
飛鳥時代の生活風景や宮廷行事などのイラストは、とても可愛くて優しくて、癒やされました。

癒やされた後は、資料館の庭園で亀石や猿石などの飛鳥を代表する奇石が復元されているのを見て、興奮(笑)。

そして、ミュージアムショップでは、話題になっていると聞いた「高松塚古墳スカート柄」と「キトラ古墳天文図柄」のブックカバーと、飛鳥の古代寺院の瓦をモチーフの「瓦てぬぐい」を購入。
通勤時の読書が楽しくなりそうです♪

初めての飛鳥資料館でしたが、楽しかった〜。
次は1日掛けて飛鳥巡りを楽しみたいな。

【飛鳥資料館】
住所:高市郡明日香村奥山601
TEL :0744-54-3561
開館時間:9:00〜16:30(入館 16:00まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)

(link:飛鳥資料館

2017年 1月 12日(木)

マシュマロで作るメレンゲクッキー

written by えーちゃん

以前いただいたメレンゲ(マシュマロ)クッキーがおいしかったので
家で作ってみました。

★レシピ
・マシュマロ … 好きなだけ
・ナッツ類 … 好きなだけ

★手順 (1)オーブンを120℃に温める
(2)天板にクッキングシートを敷き、その上にマシュマロを
   並べて、15分焼く
(3)上にナッツを乗せ、再度45分焼く
(4)あら熱をとったら出来上がり♪

とっても簡単にできるので、お試しあれ!

2017年 1月 1日(日)

あけましておめでとうございます

written by スタッフ一同

明けましておめでとうございます
昨年はブルーインパルスが奈良の空を飛翔し
迫力ある演技を見せてくれました
スタッフ一同も負けじと大空をはばたく飛躍の年にしていきたいと思います
今後ともご指導ご鞭撻をどうぞよろしくお願い申し上げます

2017年1月 株式会社読売奈良ライフ 社員一同

2016年 12月 28日(水)

八ヶ岳広河原 アイスクライミング

written by ゆきまる

本年のクリスマスは、八ヶ岳広河原クリスマスルンゼにアイスクライミングに行ってきました。
場所は、阿弥陀岳南側の沢を遡行し、詰め上がった右俣です。
※地図は自己責任でお願いします
気温をチェックするのを忘れてしまいましたが、いい感じに氷が張っていました。初級者に楽しいコースです♪

23日(祝)舟山十字路に車を泊めて出発です(14時頃)
広河原(15時半頃)に着いたらテントを立てて早速晩御飯です。この日は相方がトマト鍋を作ってくれました。

24日(土)4時起床し、5時半にテントを出発!
沢水はすぐに凍って氷が現れ、二俣に分かれたところではもう氷の上を歩けるほどでした。

クリスマスルンゼは、全部で滝が5つ程度。
(雪で隠れている部分もあったかもしれません)

1つ目は凸凹としていてロープ無しでも登れます。2つ目は少し寝た5mほどの滝。3つ目は中央が少し凹んだほぼ垂直な4mほどの滝。4つ目は3mほどの垂直な滝でした。5つ目は2mほどの滝で、右岸を巻きました。

登りきったところは阿弥陀南陵へと続く支尾根でした。
南陵へと移動すると雲が晴れ、青ナギ(左写真)へ出ました。

下りは元の沢へ直滑降。懸垂下降の必要もなく快適な下山ルートでした。

この日は友人パーティのテントにお邪魔してクリスマスミニパーティー(笑)
晩御飯はグリーンカレー鍋にホットサングリアと、少しばかりクリスマスらしく過ごしました。

 
▲ページ最上部へ