> 暮らし > 株式会社 平野木材(田原本町)/自然の恵みを活かすパッシブデザイン

暮らし

yomiっこ2021年5月号掲載

ライター:

リビングに備え付けたスタディーデスクは、在宅勤務時のワークスペースに

家族の会話と衛生面に配慮  暮らし方を考えた平屋の木の家

 香芝市に新居を構えたSさん。小学生と幼児の子育てを行う住まいは、家族のコミュニケーションを軸に暮らし方を考え、衛生面にも配慮した完全注文住宅だ。

 Sさんのこだわりは、リビングから1段下がったサンクンキッチン。調理台から作業カウンター、ダイニングテーブルがコの字型に段差なく繋がり作業性と機能美を備える。料理や食事の際に子どもたちと目線が合い、自然と家族との会話がはずむ空間に。

 また、衛生面では帰宅後すぐに手洗いができるように玄関隣りに洗面台を配し、来客時にもプライバシーが守られる。ランドリーに備えるスロップシンクは、汚れた衣類の予洗いができて子育てママにうれしい設備だ。「これからの季節、子どもたちと一緒に少しずつ庭の手入れをしてガーデニングを楽しみたいです」とSさん。あしらわれた県内産無垢材は時間の経過とともに味わいを増していく。家族の成長とともに変化を楽しめるサスティナブルな住まいだ。

南向きの大きな窓が光を取り入れ、 自然を生かしたパッシブデザインを採用
洗面室は淡いブルーグレイを配し ナチュラルでモダンな印象
洗面室は淡いブルーグレイを配し ナチュラルでモダンな印象
ランドリールーム

自然の恵みを活かすパッシブデザイン
木と共に暮らす安心安全の住まい

 3代続く木材店として木の知識を生かした「住まう人の暮らしに寄り添う本物の木の家」を提案する同社。自然を取り入れたパッシブデザインの家は“夏涼しく冬暖かい”心地いい空間を実現。気密・断熱性を高め、省エネルギーな暮らしを提供する。建築カラープランナー、収納アドバイザーによる住む人に寄り添うアドバイスも。

株式会社 平野木材

yomiっこ2021年5月号掲載

基本情報 Basic Information
  • anna

  • narakichistore

  • suzuri