第239回佐保カルチャー

「詩は人類を救えるか part2」ー詩人たちの挑戦ー

お待たせしました! 現代という時代に対する詩人たちの熱い提言を読み解く大阪市立大学名誉教授村田正博氏の「詩は人類を救えるか」第2弾の開催です。

コロナ感染症の影響で昨年、今年6月と2度の延期を余儀なくされました第239回佐保カルチャー『大阪市立大学名誉教授村田正博氏の「詩は人類を救えるか part2」ー詩人たちの挑戦ー』を、奈良市中部公民館にて12月4日(土)13時30分より開催いたします。

「見えてはいるが、誰も見ていないものを見えるようにするのが、詩だ。」
長田 弘(おさだひろし)さんのこの言葉を指針に村田先生にお話しいただくと、「難解」と感じた現代詩の中に、現代という時代に対する詩人たちの挑戦が見え、私たちへの熱い提言を読み取ることができます。そんな感激を味わいに来られませんか?

申し込み締切は2021年11月27日(土)です。
申し込みにあたっては「お名前、ご住所、電話番号」を明記の上、
メール(sahokai.nara@gmail.com)またはホームページ(https://saho-nara.jimdo.com)からご連絡ください。

当日は不織布マスクの着用、事前の検温をお願いします。
発熱(37.5℃以上)、咳の出る方はご遠慮願います。

※新型コロナ感染症の感染状況により開催について中止・変更する可能性があります。

開催日時

2021年12月4日(土)13:30~15:00

会場

奈良市中部公民館 第3・4講座室

住所

奈良市上三条23-4

料金

500円、学生無料

定員

50名

問い合わせ

奈良女子大学同窓会佐保会奈良支部 00742-71-2622