> 観光・レジャー > 美術館・博物館 > 【奈良市】依水園・寧楽美術館

【奈良市】依水園・寧楽美術館

●いすいえん・ねいらくびじゅつかん

江戸と明治の融合
2つの特徴をあわせもつ池泉回遊式庭園

前園と後園からなる二つの池泉回遊式庭園は、奈良を代表する日本庭園の一つ。昭和50年(1975)に国の名勝に指定、寧楽の都をモチーフとしたもので、東大寺南大門、若草山、高円山などの借景が見事である。

前園は、延宝年間(1670年代)、奈良晒業者・清須美道清が別邸を設け、庭の趣向を整え萱葦の建物を造った。披露に招いた黄蘗山の木庵禅師が、この建物を「三秀亭」と名付けた。後園は明治32年(1899)、奈良の豪商であった関藤次郎が築いた築山式の池泉回遊式庭園。

海運業で財を成した中村家が昭和14年(1939)に買い取り、前園と後園を合わせた形で整備した。茶室も数部屋備わっており、四季折々の花を愛でながら、趣向を凝らした茶会が行える。

昭和44年(1969)、中村家所蔵の美術品を展示するため、寧楽美術館を併設、一般公開している。なお、三秀亭では、お昼時に庭園を鑑賞しながら麦めしとろろの食事も味わえる。

基本情報 Basic Information

依水園・寧楽美術館

いすいえん・ねいらくびじゅつかん

TEL
0742-25-0781
営業時間
9時30分~16時
定休日
毎週火曜、年末年始、お盆
住所
奈良市水門町74
HP
http://www.isuien.or.jp/
茶会などで茶室を利用希望の場合は事前に要予約
アクセス Access Map
  • anna

  • narakichistore

  • suzuri

  • 大和まほろば夢空市

メルマガ会員登録バナー

プレゼント応募バナー