HOME > 特集 > 奈良と京都南部で人気の家庭菜園・ガーデニング専門店「愛栽家族」の秘密に迫る〈後編〉[PR]
seika2

家庭菜園の魅力と今後のビジョンについて

 前編に引き続き、愛栽家族を運営する株式会社アグロス・カワモトの代表、河本英樹さんへのインタビュー。今回は家庭菜園の魅力について、愛栽家族さんのビジョンや今後の展望についてお話を伺ってきました。

河本英樹さん

家庭菜園初心者のオススメは?

 家庭菜園に関しては、春夏野菜ですとトマト、ナスビ、キュウリ、ピーマン、トウガラシですね。秋冬野菜ですと、キャベツ、ブロッコリー、白菜など。土地がある方は地植えで、土地がない方は鉢植えで楽しんでください。
 その中でも、初心者の方であれば、まず作って喜びを感じられるのは「ミニトマト」でしょうか。鉢植えでも栽培でき、数も獲れますし、小さなお子さんもトマト好きが多いですし。
 あとキュウリ苗も年間通じてよく売れますね。キュウリも上手に育てれば1ポットから100本以上収穫できます(農家さんだと150本ぐらい獲れますよ)。平均50本くらいであれば合格点ですね。

ミニトマト苗
食育にもピッタリ

 スーパーで売られているおいしい野菜もありますが、自分でこだわって育てて収穫した野菜って、本当においしいです。私自身一番感動を覚えたのは、エンドウ、ソラマメ、アスパラ、トウモロコシですね。獲れたては、苦みがなくフレッシュで甘みがあります。グリーンピースの嫌いなお子さんにこそ食べてもらいたいですね。
 またスーパーにもほとんど並ばないような、おいしい品種や珍しい苗も揃えています。実際、プロの料理人さんが自分の畑で育てるために購入されたりもしますよ。
 ぜひ家庭菜園を通じて、フレッシュな野菜を間近で収穫できる喜びを感じてほしいですね。また小さなお子さんのおられる家庭では、家庭菜園は「食育」にも絶好の機会だと思います。育てる感動、収穫する感動、野菜本来のおいしさを得る感動を知ってもらえれば幸いです。

収穫の喜びを、野菜のおいしさを、ご家庭で

家庭菜園は「土づくり」が大切です

「野菜づくりは、土づくりから」という言葉があります。植物は水や栄養分はすべて根から吸収しますが、土の状態(通気性・排水性・保水性)が悪いと、根腐れを起こしてしまい、肥料の吸収率も落ちます。ですので「いかに土を良い状態にするか?」が大切です。

 皆さんよく勘違いされるのが、良くしようと意気込んで肥料を入れようとします。しかし過剰に入れる肥料バランス・土バランスが崩れてしまうので、逆効果です。よくお客さんに「それは入れすぎですよ」と正しい施肥量をお伝えしますね。

 石灰・堆肥・肥料が土づくりの最初の作業なのですが、そこにもさまざまなアイテムがあって、より詳しく知りたい方には、より深くご説明差し上げます。

 またナスやキュウリの夏野菜では、特に連作障害(作物を同じ土地で育てると生育が悪くなり枯れる)で枯れてしまうので、そこも「土づくり」で予防することができます。最初に土をきっちり作っておくと、植物もしっかり育つし、病気も出にくくなりますね。

愛栽家族オリジナルの「高級培養土」
土づくりのこと、丁寧にお教えします

庭のお悩みは「ガーデンシッター」へおまかせ

 愛栽家族では、ご自宅の花壇やお庭に何を植えたらよいか?と悩まれている方に対して、専門スタッフが訪問し、プランニングから植栽まで対応するサービスを行っています。お庭のベビーシッターという意味で「ガーデンシッタ―」と命名しました。
 お庭の環境や日当たり具合などの条件をみて、最適な植物をご提案いたします。日なたを好む植物、日陰を好む植物、色のバランス、後々植物が成長した姿もイメージできないといけません。あとは土づくりもですね。その土地の土の判断し、適切な施肥量も判断できる知識と経験が必要です。造園屋さんは木のプロですが、手元に花がないのですぐに用意できない。その分、私たちは手元に花があるので、すぐにご用意して植え付けられます。庭の手入れや植栽についてお悩みの方はお気軽にご相談ください。(見積無料。基本は愛栽家族への施工依頼を検討されている方が対象。繁忙期は要相談)

お庭のこんなお悩み、ありませんか?
ガーデンシッタ―号でお伺いします

新たな事業展開について

 当社では、サンサンファームという貸し農園を数年前から始めています。農地を持っておられない方で、野菜づくりを始めたい方向けの貸し農園事業です。この事業を拡大して、今年から新たに農業法人(農地所有適格法人)を立ち上げて、野菜の栽培収穫を始める計画を行っています。まずはイチゴ栽培を予定しています。

 理由は、園芸の専門家であるためには、私たち自身が野菜の栽培に常に携わっておかないといけない。さらにいろいろなメーカーから新商材(種・苗・肥料・薬剤・機材)の話もあるので、積極的に取り入れて使い方も理解しておく必要があります。特に新品種は育てて初めて分かることも多く、実際に農地で栽培収穫することで商品の理解を深めれば、お客さんにも自信をもって案内できます。さらに、野菜作りを始めたい若者向け(新規就農希望者)には、事業計画の立て方、補助金の活用も含めたスタートアップの支援も行っていきたいと考えています。

※現在、料金や内容が変更されています。詳細は店舗へ問合せください
新規就農者を応援

プロアマ・老若男女問わず、園芸の楽しさを広めたい

 お蔭様で、多くの方に利用いただいています。メインはシニアの方ですが、小さなお子さんのおられる世帯も増えてきています。また最近では、SNSやホームページの情報を見て、来店くださる女性や若い方もおられますね。

 やっぱり「愛栽家族に来てから、今まで知らなかった植物のこと、育てる楽しさを知れて良かった!」と話してくださるのが何よりも嬉しい。この仕事をやっていて良かったと思います。これは、アグロス・カワモトを立ち上げた時に作った「経営理念」ですが(※下の画像参照)、今でもこの理念は変わらずに生き続けています。
 これからも、園芸を始められる方、そして若い方に対して、園芸知識を惜しみなく伝え、園芸の楽しさ、すばらしさを広めていきたいですね。そして日本人は元来土いじりの好きな農耕民族です。社会的にも緑化の動きがあります。世代問わずもっともっと家庭菜園のファンを増やし、業界を盛り上げていきたいと思います。

河本代表、ありがとうございました。愛栽家族さんのことについて、より深く知ることができました。園芸に興味がある方、もっとお話を聞いてみたい方は、一度お店に伺ってみてはいかがでしょうか?

取材協力:株式会社アグロス・カワモト

基本情報 Basic Information

AISAIKAZOKU 愛栽家族【ならやま店】

あいさいかぞく

TEL
0742-81-8741
営業時間
3〜10月 9:30〜18:00、11〜2月 9:30〜17:00
定休日
火曜
住所
奈良市佐保台2-3576-1
駐車場
あり
HP
https://aisaikazoku.com/
Facebook
https://www.facebook.com/aisaikazoku/
Instagram
https://www.instagram.com/aisaikazoku.narayama/
基本情報 Basic Information

AISAIKAZOKU 愛栽家族【精華店】

あいさいかぞく せいかてん

TEL
0774-98-0616
営業時間
3〜10月 9:00〜18:00、11月〜2月 9:00〜17:00
定休日
火曜
住所
相楽郡精華町北稲八間角田4-1
駐車場
あり
HP
http://aisaikazoku.com/
Facebook
https://www.facebook.com/aisaikazoku/
Instagram
https://www.instagram.com/aisaikazoku.seika/