奈良の夏の風物詩が3年ぶりに奈良公園に帰ってくる!

第24回 なら燈花会2022

1999年に誕生した「なら燈花会」。「燈花」とは、燃え尽きた後にろうそくの先にできる花の形のかたまりのこと。これができると縁起が良いとされ、訪れた人々の幸せを願い、一つひとつに火が灯される。10日間だけの灯りの祭典を楽しんで。

開催日時

2022年8月5日(金)〜2022年8月14日(日)18:30〜21:00

会場

浮雲園地、浅茅ヶ原、浮見堂、興福寺、猿沢池と五十二段、 東大寺鏡池周辺(13・14日)、春日大社参道(14日)

料金

入場無料

問い合わせ

0742-21-7515(NPO法人なら燈花会の会事務局)