特別企画展 没後100年 富岡鉄斎
一知の巨人の足跡一

【展観内容】
2024年は、近代日本を代表する知の巨人にして文人画家である富岡鉄斎(1836~1924)の、没後100年にあたります。
京都の法衣商の家に生まれた鉄斎は、学間を重んじる家風のもと、若い頃から和漢の古典や諸学に親しみ、その中で育まれた膨大な知識の蓄積、文人としての素養が、生涯の書画制作の礎となりました。
また、先哲を懐いつつ、日本全国の様々な土地を旅行することで多くの知見を得、更に子息である謙蔵けんぞうの協力のもと、京都帝国大学教授の内藤湖南ないとうこなんや書家の長尾雨山ながおうざん、当時日本に亡命していた清の知識人・羅振玉らしんぎょくなどといった日中の碩学たちと交流し、自身の学問と芸術活動の資としていきました。
一方で、懇意にしていた愛媛県三津浜の近藤家へは、季節の挨拶やいただきものの御礼に、書画を制作して贈るなど、温かい交流の様子がしのばれます。 今日残る鉄斎作品の筆の躍動、画中に付される跋文、そして多彩なモチーフは、一側面からでは語れない様々な鉄斎の姿、その生きた軌跡を、私たちにありありと伝えてくれます。
本展観では、当館所蔵の近藤家コレクションを中心に、豊かな学識と幅広い交友のもとで生み出された鉄斎の書画作品を一堂に展示し、鉄斎の生涯にわたる精力的かつ多彩な芸術活動をご覧いただきます。
(担当 都甲さやか)

【出陳品 約50件】
1.歴史人物・道釈人物
蘇子笠屐そしりゅうげき図(大正6年 清荒神清澄寺鉄斎美術館蔵)、老子出関ろうししゅっかん図・淵明遊興えんめいゆうきょう図(清荒神清澄寺鉄斎美術館蔵)、松花堂幽居しょうかどうゆうきょ図(清荒神清澄寺鉄斎美術館蔵)、紫式部むらさきしきぶ像、寿老じゅろう図(明治40年)、出山釈迦しゅつさんしゃか図(明治44年)
2.花鳥・花卉・樹石
挿花鼎そうかてい図・れん(富岡鉄斎・羅振玉合作 大正4年 清荒神清澄寺鉄斎美術館蔵)、歳朝さいちょう図(大正11年)
3.山水
山荘風雨さんそうふうう図(大正9年)、漁邨暮雨ぎょそんぼう図(大正9年 清荒神清澄寺鉄斎美術館蔵)、撥墨山水はつぼくさんすい図(大正9年 清荒神清澄寺鉄斎美術館蔵)、富士山頂上ふじさんちょうじょう図 (大正9年)
4.書蹟
万歳書ばんざいしょ(大正4年)
5.近藤家との交流から
車海老くるまえび図(明治18年)、鮮魚せんぎょ図(大正4年)など

【休館日】
毎週月曜日(ただし4月29日<祝>・5月6日<振替休日>は開館し、4月30日<火>・5月7日<火>が休館)
【開館時間】
10:00〜17:00(入館は16:30まで)
【列品解説】
毎週土曜日 14:00から(当館学芸部による)
【入館料】
一般 630円/高校・大学生 420円/小学・中学生 無料
※20名以上の団体は相当料金の2割引で引率者1名無料
※「障がい者手帳」をお持ちの方とご同伴者1名2割引
【特別講演】
5月12日(日) 14:00 講堂
「鉄斎一粉本に見る学びの跡一」 元 清荒神清澄寺鈇斎美術館学芸員 奥田素子氏
【日曜美術講座】
4月28日(日) 14:00 講堂
「富岡鉄斎の中国憧憬」当館学芸員 都甲さやか

大和文華館についてはこちらから
イベント概要 Event Summary
開催日
2024年4月12日(金)〜2024年5月19日(日)
開催時間
10:00〜17:00(入館は16:30まで)
開催場所
大和文華館(奈良市)
料金
一般 630円/高校・大学生420円
小学・中学生 無料
※20名以上の団体は相当料金の2割引で引率者1名無料
※「障がい者手帳」をお持ちの方とご同伴者1名2割引
お問合せ
大和文華館
電話:0742-45-0544
大和文華館/やまとぶんかかん
  • 住所: 奈良市学園南1-11-6
  • 開館時間: 10:00〜17:00(入館は16:00まで)
  • 休館日: 月曜(祝日の場合は開館、翌平日休館)
  • 入館料: 一般630円、高大生420円、中学生以下無料
  • 駐車場: あり
  • TEL: 0742-45-0544
  • HP: https://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/