> 観光・レジャー > 古墳・遺跡 > 【天理市】行燈山古墳(崇神天皇陵)

【天理市】行燈山古墳(崇神天皇陵)

●あんどんやまこふん(すじんてんのうりょう)

崇神天皇陵と伝わる大和古墳群の中核古墳

行燈山(あんどんやま)古墳は、幕末に第10代崇神天皇の山辺道勾岡上陵(やまのべのみちのまがりのおかのえのみささぎ)に治定された。大和盆地東南部に位置する大和(おおやまと)古墳群の中核を占める古墳の一つで、全長242mの前方後円墳。

幕末の「文久の修陵」において、大規模な堤体の嵩上げ、浚渫(しゅんせつ)工事がなされており、築造期の状況は把握できない。

基本情報 Basic Information

行燈山古墳(崇神天皇陵)

あんどんやまこふん(すじんてんのうりょう)

住所
天理市柳本町
駐車場
あり
アクセス Access Map
  • anna

  • narakichistore

  • suzuri

  • 大和まほろば夢空市

  • 奈良さんぽ

  • ナラタビックス

  • アフタヌーンティー

  • お抹茶