HOME > ショップ > 道の駅 > 奈良を巡る旅の新拠点「フェアフィールド·バイ·マリオット」に泊まってみた[PR]

2022年3月開業!「フェアフィールド·バイ·マリオット·奈良天理山の辺の道」

天理に旅の新拠点が誕生!県民割でお得に宿泊も。

2022年3月21日、天理市に「フェアフィールド·バイ·マリオット·奈良天理山の辺の道」がオープン! 道の駅「なら歴史芸術文化村」に隣接しています。大阪からは車で約50分、名古屋からは約2時間の場所に立地し、名阪国道「天理東IC」または「天理IC」を降りて約10分で到着します。

現在、奈良県民限定で県内宿泊が最大40%オフになる「春のいまなら。キャンペーン」を実施中!(2022年6月30日まで)※。外資系ホテルチェーン「マリオット・インターナショナル」系列ホテルをお得に堪能する貴重な機会!ということで、Narakko!編集部が実際に泊まって体験してきました♪

※フェアフィールド·バイ·マリオット·奈良天理山の辺の道でははがきクーポンのみ適用

フェアフィールド·バイ·マリオットについて

「フェアフィールド·バイ·マリオット」はマリオット・インターナショナルと積水ハウス株式会社が進める地方創生事業「Trip Base 道の駅プロジェクト」の一環として建てられた宿泊特化型ホテル。ホテルを拠点に隣接する道の駅や地域の魅力を体験する新しい旅を提案しています。

部屋はキングとツインルームの2タイプのみで、料金は大人1人分の料金で2人まで宿泊できます。また同系列のJWマリオット奈良1泊分の料金で約3泊滞在できるリーズナブルな価格も嬉しいですね!

さらに小学生以下の子どもは大人1人につき1人の添い寝が無料!ツインルームでは大人2人に対して、子ども(小学生以下)2人の最大4人が宿泊可能に。必要に応じてベッドガードやベビーベッドの貸し出しもあるので、小さいお子さんとの宿泊も安心です。それでいて料金がひと部屋分なので、家族旅行にもぴったりなホテルです。

さっそく館内へ

大きな窓から差し込む陽光が気持ちいいロビーラウンジ。木の温もりを感じる空間でソファやベンチに座ってゆったりくつろぐことができます。

ライブラリーには奈良墨や赤膚焼など、奈良の伝統工芸品が展示されています。ラウンジアートに飾られるパネルは写真家・石倉麻夕さんの撮りおろし。奈良の歴史や伝統、自然と出合う9枚です。

ライブラリー
ラウンジアート

また奥には共用のコミュニティーカウンターがあり、備え付けのコーヒーや紅茶、お味噌汁が無料でいただけます。電子レンジやバルミューダのトースターなども常備されています。24時間営業のマーケットプレイスもあり、地元の特産品にお菓子やおつまみ、お酒を購入できます。

景色も抜群!シンプルで使いやすい客室

部屋は4階建ての建物に99室。今回はツインルームに宿泊しました。

ツインルーム
洗面所との間に間仕切りがあり、家族や友達との宿泊にも便利です
あいにくの曇天ながら見晴らしは◎

25平米とコンパクトながらも広々としたゆったり感のあるお部屋。大きな1枚窓からは大和盆地、東側の部屋からは幾坂池や天理の山並みが見渡せます。またシームレスな空間設計とあって洗面も独立していました。外の良い景色を望みながら歯磨き…なんて、清々しい朝を過ごせること間違いなしです!

高台に建つホテルで低層階でも4~5階くらいの高さがあるため景色は抜群。この日はあいにくの天候でしたが、晴れた日には明石海峡大橋が見え、季節によっては二上山の間に沈む夕景も楽しめます。地元住民の隠れ花火スポットらしく、夏には盆地の各地で行われる花火を楽しむこともできるそう。

“くさまくら”は「旅」を導く枕詞

ベッドはシモンズ社製を採用。分厚いふかふかのマットと雲をイメージした洗いざらしシーツで寝心地抜群!快眠間違いなしです。

ハンドタオル、フェイスタオル、バスタオル、シェービングキット、歯ブラシ、ドライヤーなど充実のアメニティ。冷蔵庫や電気ポットも常備されています。玄関、洗面所、壁など部屋の各所に電源が確保されているのも使い勝手の良いポイント。ベッドサイドにはUSBのコンセントもありました。

トイレとシャワールームはセパレート。どちらも段差のないバリアフリー設計になっています。トイレは洗浄便座で圧迫感の無いゆったりスペースでした。シャワールームにはバスタブはありませんが、おしゃれなレインシャワーが取り付けられています。湯量も豊富なので十分体を温められますよ。

同日オープン!親子で楽しめる「なら歴史芸術文化村」を散策♪

文化財修復・展示棟

荷物を整えひと休みしたら、ホテルに隣接した道の駅「なら歴史芸術文化村」と周辺を散策。

「なら歴史芸術文化村」は他の道の駅とは異なり、奈良が誇る歴史文化や芸術文化を“知る・学ぶ・体験する・楽しむ”ことを通じ、本物に触れ、新たな視点・感性が生まれる場となることをコンセプトにしたとっても個性的な施設です。

文化財修復・展示棟(1F)

「文化財修復・展示棟」では日本初の試みとなる、文化財4分野(仏像等彫刻、絵画・書跡等、歴史的建造物、考古遺物)の修復作業現場を通年で見ることができます。企画展示室では奈良県の歴史文化や文化財修理をテーマにした展示や体験型の展示なども行われるのでお子さんの夏休みの自由研究などにもってこいの施設です。

芸術文化体験棟(幼児向けアートプログラム)
芸術文化体験棟(幼児向けアートプログラム)

「芸術文化体験棟」では、国内外から招いたアーティストの公開制作や、奈良にゆかりのあるアーティストとの交流、未就学児向けのアートプログラムなどもあり、親子で楽しめる場となっています。

交流にぎわい棟(直売所)
交流にぎわい棟(伝統工芸品ショップ)

「交流にぎわい棟」ではレストランのほか、県内の農家さんが作った農産物の直売所、伝統工芸品ショップと奈良が誇る地場産品を購入することができます。

ホテルを拠点に地域を知る旅に出よう

春はホテル南側にある幾坂池の一本桜がきれいに咲きます
山の辺の道

芸術村の南には幾坂池、日本最古の道といわれる「山の辺の道」があり、朝起きて付近をお散歩するという宿泊者も多いそう。少し足を延ばせば日本最古の神社の一つである「石上神宮」、奈良県最長の商店街「天理本通り商店街」など天理市の魅力を存分に味わうことができます。

またなかには数日間宿泊し、ホテルを拠点に奈良だけでなく大阪や京都、和歌山と関西一円をぐるっと巡る旅に出る方も。これも奈良のアクセスの良さと、ホテルの手ごろな価格設定だからこそできる旅のスタイルですね!

フェアフィールド·バイ·マリオットは、関西圏では奈良県以外に、京都府、三重県、和歌山県にもあるので、各ホテルを周遊するのも楽しそうですね♪

夕食は道の駅や周辺で奈良グルメを堪能!

フェアフィールド·バイ·マリオットは近隣地域の飲食店での食事を楽しんでもらうため、館内にはレストランを併設していません。夕食は地域ならではの奈良グルメを堪能しましょう。

ヤマトポークかつ膳 ¥2,480

今回は道の駅の交流にぎわい棟に3号店をオープンした、奈良で人気のとんかつ店「まるかつ」さんへ。天理店限定のヤマトポークかつ膳をいただきます。とんかつにせいろ蒸し、ローストポークには奈良のブランド豚「ヤマトポーク」が使われていて、くちどけの良い脂身と甘みのある味わいが特徴です。大和まななどの奈良の野菜や、ごま豆腐など一膳で奈良を感じられる御膳になっています。ごはん、しじみ汁、キャベツはおかわり自由なので食べ盛りの子どもたちも満腹になりますね♪

道の駅以外も楽しめるところはないの?という方はルームキーなどと一緒に渡される名刺サイズのカードを活用しましょう。QRコードを読み取れば、ホテル周辺の観光スポットや飲食店を掲載しているホテル公式WEBサイトにアクセスできます!

奈良の食がいっぱい詰まった宿泊者限定の朝食ボックス

フェアフィールド·バイ·マリオットでは朝食ボックス付きの宿泊プラン(要事前予約)が用意されています。

朝食ボックスは五條市に本店がある「柿の葉ずしヤマト」とホテルがコラボで製造。

柿の葉ずしをはじめ、奈良漬やごま豆腐など奈良の特産品がふんだんに詰め込まれていて、中央に配置された鹿人参のかわいらしさにもテンションがあがります♪ 刀祢柿の発祥である天理市に因んで柿を使ったメニューやおにぎりの小梅も西吉野産と細部まで奈良を存分に味わえるこだわりが詰まった重箱スタイルのボックスです。

フェアフィールド·バイ·マリオットから奈良を巡ろう

奈良を巡る旅の新拠点「フェアフィールド·バイ·マリオット·奈良天理山の辺の道」は、リーズナブルな価格で外資系ホテルチェーンのマリオット・インターナショナルが提供する世界水準のおもてなしを体感できるホテル。またチェックアウトが11時と朝の支度にゆとりが持てるのも嬉しいポイントでした。

家族でも嬉しい手ごろな価格設定で連泊もしやすいので、GWや夏休みの大型連休はフェアフィールド·バイ·マリオットを拠点に、周辺施設などとあわせて奈良の魅力発見の旅に出かけてみては?

フェアフィールド·バイ·マリオット·奈良天理山の辺の道

古都奈良にある「なら歴史芸術文化村」に隣接する「フェアフィールド·バイ·マリオット·奈良天理山の辺の道」。「なら歴史芸術文化村」では文化財保存や修復などの貴重な技術を間近にふれられ、伝統工芸品の展示やモノづくりを体験できるワークショップなど好奇心を満たす催しが盛りだくさんです。フェアフィールド·バイ·マリオット·奈良天理山の辺の道を拠点に、世界が誇る歴史、文化、伝統など、奈良の奥深い魅力を堪能する旅を満喫しませんか。

■客室   99部屋 キング:35室(アクセシブルルーム:1室)、ツイン:64室

■宿泊費  1室14,250円~(最大2名様利用、税金、サービス料込)

■階数   4階

■所在地  奈良県天理市杣之内町元山口方438-7

■電話番号 06-6743-4750(大阪予約センター/日・祝・年末年始休)

  • narakichistore

  • suzuri

  • 大和まほろば夢空市

  • 奈良さんぽ

  • ナラタビックス

  • アフタヌーンティー

  • お抹茶

  • anna