【明日香村】石舞台古墳

●いしぶたいこふん

総重量2300トンの石を用いた巨大石室をもつ古墳

もとは一辺55mの方墳(または上円下方墳か)で、早くに墳丘の盛土が流出してまい、石室の天井石が水田のなかに露出していた。

昭和8年(1933)の第一次調査と昭和10年(1935)の第二次調査により、石舞台古墳造営に際し、周辺部で破壊された古墳が7基見つかった。本体部分も含めると約20基の古墳が破壊されたことになる。
おそらく群集墳のあったところを大規模に破壊し、丁寧に改葬して石舞台古墳を築いたと思われる。その点を考慮すると、被葬者は当時のかなりの権力者であるといえる。

石室の形態などから、7世紀前半に造営されたものと考えられ、蘇我馬子の桃原墓の可能性がいわれている。

基本情報 Basic Information
石舞台古墳/いしぶたいこふん
  • 住所: 高市郡明日香村島庄254
  • 営業時間: 8:30〜17:00
  • 駐車場: あり
  • TEL: 0744-54-4577(明日香村地域振興公社)
料金: 一般300円、高校生以下100円、小学生未満無料