HOME > ショップ > 【奈良市】菊岡漢方薬局/漢方の専門家と作るマイカレー粉手づくり体験

ショップ 美容・健康

yomiっこ2022年10月号掲載

ライター:

【奈良市】菊岡漢方薬局

●きくおか かんぽうやっきょく

奈良町の人気景観スポット

水分代謝を整え、熱中症や夏バテ予防
個々の体質と症状による漢方処方

「漢方では熱中症や夏バテも、個々人の<証(体質)>と諸症状を診て、<気・血・水>の流れのバランスを整え、改善していきます」と菊岡先生。体液の割合が少ない高齢者や代謝が盛んな乳幼児は、部屋の中でも脱水症になりやすく注意が必要だ。
「水」を調節する生薬をはじめ体力回復の漢方処方を行うと同時に、【食事・運動・休息】に留意した日常生活への助言指導にも力を入れる。

それぞれの症状別に「気」「血」「水」の流れを診て処方 
奈良っこ、菊岡漢方薬局
血行や経絡の流れの改善が、約37兆個もあるといわれる人の細胞を活性化へ導き、各臓器の不調や皮膚の老化を改善、結果として首コリの解消や美肌につながるというわけだ。
コロナ禍のなか、ウイルスの働きにも抑制効果のある漢方処方で自然治癒力を養い、コロナやインフルエンザへの防御パワーでこの冬も乗り越えよう。

漢方の専門家と作るマイカレー粉!「伽哩粉手作り体験」

スパイスと漢方薬を知り尽くした店主が指導する「伽哩粉作り」。血の巡りや胃腸の働きを整えるなど、様々な薬効のスパイス20種以上を調合し、あなたや家族の健康管理の一環に取り入れてみては?
●1人3,300円(70〜80g)約60分
希望前日17時までに電話かWebで予約を

★ハーブオイル・ハーブウォーターも準備中

スパイスの薬効の説明を受け、 好みのブレンドに仕上げていく

=脱水症・夏バテ症状の処方
■清暑益気湯(せいしょえっきとう)
暑気あたり、暑さによる食欲不振・下痢、夏痩せ、全身倦怠
■五苓散(ごれいさん)
水滞・水毒など体内の水分代謝がうまくいかない場合。むくみや吐き気、下痢、頭痛、腹痛、口渇、暑さによる倦怠感
■温胆湯(うんたんとう)
体の余分な水分や熱を取り除くことにより、心を落ち着かせ不安を解消し、
不眠などの不快な症状を改善

=肌荒れのための処方
■温経湯(うんけいとう)
冷えが強く乾燥した肌荒れ
■温清飲(うんせいいん)
熱を持ち乾燥した肌のかゆみ
■桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)
冷えがあり乾いた湿疹
■消風散(しょうふうさん)
痒みが強く熱感があり、分泌物があり
じゅくじゅくした傾向の湿疹
■十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)
化膿傾向があるかゆみ、肌荒れ

=免疫力UPの漢方(病中病後の体力補給、虚弱体質、倦怠感)
●補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
●十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)
●六君子湯(りっくんしとう)
●大建中湯(だいけんちゅうとう)

胃腸虚弱で疲れやすい人。
消化機能を整え血のめぐりを良くして、全身に栄養と気を送り届ける助けとなる。


*処方は1日500円〜

二十四代目の 菊岡泰政先生

■ならどっとFM78.4
『医食同源』
季節ごとの話題と体のケアを放送(第4土曜11:00~11:30)

■FMハイホー81.4
火曜18:00~21:00に出演

#「花もダンゴも」ナラタビックス計画

※最新の情報とは異なる場合があります。あらかじめご了承ください

※価格は税込表記を基本としています

基本情報 Basic Information

菊岡漢方薬局

きくおか かんぽうやっきょく

TEL
0742-22-6611
営業時間
9:00〜19:00
定休日
月曜(祝日は営業)
住所
奈良市中新屋町3
HP
https://www.kikuoka.com/
FAX:0742-26-5804
Mail:kanpou@kiku.co.jp
アクセス Access Map