HOME > 観光・レジャー > 古墳・遺跡 > 【明日香村】野口王墓古墳(天武・持統天皇陵)

【明日香村】野口王墓古墳(天武・持統天皇陵)

●のぐちのおうのはかこふん(てんむ・じとうてんのうりょう)

盗掘記録で発覚した天武・持統の合葬墓

檜隈大内陵(ひのくまおおうちのみささぎ)に治定されている古墳で、687年に築造がはじめられ、天武天皇を埋葬、703年に火葬された持統天皇を合葬したとされています。

江戸時代には、天武・持統陵は、五条野丸山古墳(見瀬丸山古墳)に治定されていました。野口王墓古墳が1235年に盗掘された石室の様子を詳細に記した『阿不幾乃(あおきの)山陵記』が、明治13年に京都栂尾(とがのお)の高山寺で発見されたことを契機に、明治14年に野口王墓古墳を天武・持統陵としました。

基本情報 Basic Information

野口王墓古墳(天武・持統天皇陵)

のぐちのおうのはかこふん(てんむ・じとうてんのうりょう)

住所
高市郡明日香村野口
アクセス Access Map
  • narakichistore

  • suzuri

  • 大和まほろば夢空市

  • 奈良さんぽ

  • ナラタビックス

  • アフタヌーンティー

  • お抹茶

  • anna