> 観光・レジャー > 神社仏閣 > 【葛城市】二上山 當麻寺

【葛城市】二上山 當麻寺

●にじょうさん たいまでら

創建1400年 中将姫ゆかりの古刹

2基の三重塔は、古塔の双塔としては唯一の現存例である。中之坊や奥院などの塔頭はボタンの名所としても有名。

寺伝によると、612年(推古20)に用明天皇の子・麻呂子皇子(当麻皇子)が、河内国交野郡山田郷に二上山万法蔵院禅林寺として創建。その後、692年(朱鳥6)に瑞夢によって、麻呂子皇子の孫の当麻真人国見の手で現在地に移建されたという。

當麻寺は当麻真人国見に代表される当麻氏の氏寺として発展したが、中世には当麻氏が衰退し地方武士となってこの地を去った後も寺運を保てたのは、中将姫伝説と阿弥陀信仰が結びつき、有力な庶民信仰となったためである。

毎年4月14日に行われる聖衆来迎練供養会式は「当麻レンゾ」の名で親しまれる。

基本情報 Basic Information

二上山 當麻寺

にじょうざん たいまでら

TEL
0745-48-2001
営業時間
【拝観】9:00~17:00
住所
葛城市當麻1263
駐車場
あり
HP
http://www.taimadera.org/
【拝観料】中之坊/伽藍三堂:大人500円 小学生250円
アクセス Access Map
  • narakichistore

  • suzuri

  • 大和まほろば夢空市

  • 奈良さんぽ

  • ナラタビックス

  • アフタヌーンティー

  • お抹茶