【高取町】壷阪寺(南法華寺)

●つぼさかでら(みなみほっけじ)

『壺阪霊験記』で知られる眼病封じの寺

平安時代には、『枕草子』、『今昔物語集』などに名のあがる大和の名所でもあり、盲目の沢市と献身的な妻お里の人情話を描いた浄瑠璃・歌舞伎「壺坂霊験記」でも知られ、眼病平癒祈願の参拝者が多い。

創建については不明な点が多く、大宝3年(703)に元興寺の僧・弁基上人が建立したとも、また『帝王編年記』には、同年に佐伯姫善心尼が建立したとも、ほか諸説あるが、出土品や塔心礎の形状から、白鳳時代の創建であることが確かめられる。

境内には、インドで制作された高さ20mの巨大な大観音石像、全長50mの仏伝図石造レリーフなど、大石造美術が点在する。

基本情報 Basic Information

壷阪寺
つぼさかでら
TEL
0744-52-2016
営業時間
8:30〜17:00
住所
高市郡高取町壷阪3
HP
http://www.tsubosaka1300.or.jp/
拝観料:大人600円、小人100

アクセス Access Map