【葛城市】新庄二塚古墳

●しんじょうふたつかこふん

墳丘南側から。ジブリみたいな雰囲気があります

どんな古墳?

葛城山系の東麓、幅広い尾根を平坦に整地して築造された全長60mの前方後円墳で別名「銭取塚」とも呼ばれています。6世紀中頃に造られたと推定されており、前方部・後円部・造出部それぞれに横穴式石室があるという、全国でも珍しい古墳で国史跡になっています。尾根を切り出して作った古墳なので見晴らしがよく、奈良盆地を一望できます。

後円部石室
草刈り後なら絶景ビューが(泣)

基本情報 Basic Information

新庄二塚古墳
しんじょうふたつかこふん
住所
葛城市寺口168-1

アクセス Access Map