HOME > 観光・レジャー > 神社仏閣 > 【奈良市】法性山 般若寺

【奈良市】法性山 般若寺

●ほっしょうさん はんにゃじ

どんなお寺?

般若寺は舒明天皇元年(629)に高句麗僧の慧灌が創建したと伝えられる寺院。「般若寺」という寺号は天平7年(735)に聖武天皇が平城京の鬼門を守るため『大般若経』を塔の基壇に収めて卒塔婆を建てたことに始まります。

平重衡の南都焼討ちで伽藍が消失しましたが、鎌倉時代に西大寺の叡尊と忍性が再興。楼門(国宝)と経蔵(重文)はその際に再建されたものです。本尊は木造文殊菩薩騎獅像(重文)で元亨4年(1324)の作です。

西国四十九薬師霊場(第3番)と関西花の寺(第17番)の札所としても知られます。

名工の石塔と季節の花が彩る境内

境内に建つ高さ14メートルの十三重石塔(重文)は宋時代の石工・伊行末の手のもの。昭和の大修理(1964)の際、石塔内部に秘仏 白鳳阿弥陀如来立像(重文)をはじめとする仏像や経典などが納められていたことがわかり、現在は毎秋に特別公開が行われています。

※2021年度は中止

境内いっぱいに咲くコスモスやあじさい、その花を水に浮かべた花手水が有名で、時期にはカメラマンや観光客でいっぱいになる花の名所でもある。

#「花もダンゴも」ナラタビックス計画

基本情報 Basic Information

法性山 般若寺

ほっしょうさん はんにゃじ

TEL
0742-22-6287
営業時間
9:00~17:00
住所
奈良市般若寺221
拝観料: 大人500円 中高生200円 小学生100円
アクセス: 近鉄奈良駅からバス「般若寺」下車、徒歩約3分
アクセス Access Map
  • narakichistore

  • suzuri

  • 大和まほろば夢空市

  • 奈良さんぽ

  • ナラタビックス

  • アフタヌーンティー

  • お抹茶

  • anna