> 観光・レジャー > 神社仏閣 > 【葛城市】慈雲山 石光寺

【葛城市】慈雲山 石光寺

●じうんさん せっこうじ

白鳳時代の石仏を祀る、伝説多き寺院

創建は白鳳期。縁起によれば、天智天皇の時代、この地で掘り出された大石が、光明を放ち、また仏の姿に似ていたので、天皇はこの石に弥勒仏を彫らせ、堂を建てて祀ったという。

中将姫が曼荼羅図を織るとき、化女があらわれて蓮糸を井戸で五色に染めたという伝承の井戸(中将姫の染の井)が境内にあり、別名を染寺ともいう。

その後の沿革は明らかではないが、現在の堂宇の大半は、江戸末期の文化年間に聖阿によって建てられた。

1991年(平成3)には、弥勒堂の建て替えにともなう発掘調査で、白鳳期の弥勒石仏が出土し、石光伝説を裏付けるものとして注目された。

基本情報 Basic Information

慈雲山 善照律院 石光寺

じうんざん ぜんしょうりついん せっこうじ

TEL
0745-48-2031
住所
葛城市染野387
駐車場
あり(無料)
アクセス Access Map
  • anna

  • narakichistore

  • suzuri

  • 大和まほろば夢空市

  • 奈良さんぽ

  • ナラタビックス

  • アフタヌーンティー

  • お抹茶